Q & A

2015.07.03更新

A1 家事事件手続法とは,家事事件の手続を定める法律です。

ここに,家事事件とは,夫婦間の紛争や成年後見など家庭に関する事件のことをいい,家事審判に関する事件と家事調停に関する事件に分けられます。

審判とは,審判官(裁判官)が,両当事者の言い分や様々な資料に基づいて判断し,決定する手続です。

他方,調停とは,裁判官1人と調停委員2人以上で構成される調停委員会が,当事者双方から言い分を十分に聴きながら,話合いを行う手続です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

  • 弁護士濵門俊也 無料相談してみる
    • 弁護士ブログ
    • ケーススタディ
    • Q & A
    • 初めての方へ
    • 相続相談ガイドに取材を受けました

新着情報

一覧へ >
2020/03/13NEW
財産開示制度の拡充と新制度(民事執行法の改正)
2020/03/06NEW
債権関係に関する民法の改正
2020/02/18NEW
特別養子縁組に関する民法等の改正
2020/01/06NEW
最高裁判所,養育費「算定表」16年ぶり改定す
2019/11/18NEW
甲子園球場ライブ『安全地帯 IN 甲子園球場 “さよならゲーム”』