Q & A

2015.07.03更新

A1 家事事件手続法とは,家事事件の手続を定める法律です。

ここに,家事事件とは,夫婦間の紛争や成年後見など家庭に関する事件のことをいい,家事審判に関する事件と家事調停に関する事件に分けられます。

審判とは,審判官(裁判官)が,両当事者の言い分や様々な資料に基づいて判断し,決定する手続です。

他方,調停とは,裁判官1人と調停委員2人以上で構成される調停委員会が,当事者双方から言い分を十分に聴きながら,話合いを行う手続です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる