Q & A

2015.07.03更新

A3 重要なところでは,

 

① 申立書の写しの原則送付

② 審判における当事者からの謄写閲覧請求は原則許可

③ 陳述の聴取が必要的になったこと

④ 子どもなど審判の結果により影響を受ける者の手続保障がなされたこと

⑤ 電話会議テレビ会議システム利用の手続を認めたこと

 

です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる