弁護士ブログ

2015.08.31更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 女性管理職の割合に数値目標の設定などを義務付ける「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が,8月28日午前,参議院本会議で自民,民主,公明各党などの賛成多数で可決され,成立しました。

 男女雇用機会均等法が制定されて,本年は30年を迎えます。女性が働く環境整備は,遅々として進んでいない現状もありますが,今後の推移をしっかり監視していきたいと思います。

 

 さて,すべての女性が最も望むものは何でしょうか。その答えは,『騎士ガウェインの結婚』(ブルフィンチ作・野上弥生子訳『中世騎士物語』(岩波文庫)に収録されています。文庫本で5頁程度の物語ですが,極めて示唆に富んでいます。)という物語の中にあります。

 今回は,前編・後編の2回にわたって,『騎士ガウェインの結婚』をご紹介しましょう。

 

 

 ある時アーサー王が法廷を開いていたとき,一人の乙女が彼の庇護を懇願しました。

 「邪な騎士に愛人を捕虜にされ,私の所有地を強奪されてしまいました。どうかお助けください。」

 アーサー王は,彼女の受けている不法を正すため,その残忍な騎士の城に到着し,勝負を挑みます。

 しかし,その城は魔法の土地に建っており,アーサー王が足を踏みこむや否や,忽ち勇気が挫けて,力が抜けてしまい,彼は施すすべもなく,騎士の捕虜になってしまいました。

 

 邪悪な騎士は,アーサー王に対し,つぎの条件を言い渡しました。

 ① 年の暮れにはまた必ずその城に戻ってくること,

 ② 『婦人が最も望むものは何か』という問に対する答えを持って来ること,

 ③ その約束を破れば,アーサー王の国土を渡すこと,

 以上の条件を受け入れたアーサー王は解放されました。

 

 アーサー王は東へ西へと馬を駆って,逢う人ごとにすべての婦人が最も望むものは何かと尋ね回りました。それぞれの女性には,「富」,「栄華と身分」,「快楽」,「追従」,「一人の雄々しく優美な騎士」などと回答してもらったのですが,どれ一つとして確かに信頼できる返事を見出すことはできませんでした。

 

 こうしてその年もやがて過ぎようとしていたある日,アーサー王が思いに沈みながら森の中を乗って行くと,とある樹の根元に思わず眼をそむけるほど見かけのみっともない老婦人がいました。その老婦人が礼にかなった挨拶をしても,アーサー王は応えませんでした。

 すると,その老婦人が「貴方はどういうお方です?私は,あなたが探しているものを与えることができます。」言いました。

 喜んだアーサー王は,老婦人に答えを聞こうとしました。しかし,老婦人が続けます。

 「ただし,条件があります。答えを教えるかわりに,美しく礼儀をわきまえた騎士を私の良人にしてほしいのです。」

 切羽詰まっているアーサー王は,老婦人と約束をしてしまいます。

 

 アーサー王は,邪悪な騎士の城に出向きます。邪悪な騎士が出てきます。「さあ,約束の日だ。答えを言ってみろ。」

 アーサー王は,今日まで尋ねて得た答えを片っ端から言っていきます。

 「富」,「栄華と身分」,「快楽」,「追従」,「一人の雄々しく優美な騎士」……。

 「違う,違う…」邪悪な騎士は上機嫌です。

 アーサー王の答えが尽きたころ,邪悪な騎士が言いました。「君は償いを払わん。君と君の国土は私が没収する。」

 その刹那,アーサー王は,老婦人に教わった答えを言いました。

 「あらゆる婦人の切望は,『すべての女が自分の意思を持つこと』である。」

 邪悪な騎士は悔しがりました。「君にそんなことをしゃべったのは私の妹だ。報讐(むくい)が彼女の上にあれ!いつか必ずこの返報はしてやる!」

 

(後編へつづく)

投稿者: 弁護士濵門俊也

entryの検索