弁護士ブログ

2016.02.29更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 連載19年をほこる,国民的大人気漫画「ONE PIECE」。原作者は,当職と同じく熊本県熊本市出身の尾田栄一郎先生です(同郷のよしみで何とかお会いできないかといつも軽い妄想を抱いています。)。原作単行本を読んだり,毎週日曜日に絶賛放送中のアニメーションも視聴しております。

 今日は4年に一度の2月29日なので,何とか記事を書きたいなと思っていましたところ,「ONE PIECE」に関連して,なんと描き下ろしイラスト入りの婚姻届が登場したとのニュース報道に接しました。

 

 報道によりますと,デザイン婚姻届を販売している通販サイト「婚姻届製作所」が,2月に発売したとのことです。ルフィやゾロ,サンジなど,正装した主要キャラクターの描き下ろしイラストが,余白に大きくあしらわれています。主要キャラが集まった「麦わらの一味」に加え,キャラごとに全10種類が,税込み3000円で販売されているとのことでした。

 販売する「株式会社e'motion」(東京都新宿区)の担当者のお話によりますと,「原作でルフィが『宴だー!』と叫ぶ有名なシーンがあります。大勢のキャラが集まった,その場面の幸せ感,お祝い感を婚姻届で表現したいと考えました。男女問わずファンが多いことも,採用の理由です」と販売の経緯について,述べておられました。

 記事では,「ONE PIECE」に恋愛要素が少ないことに触れられていましたが,現在進行形の恋愛が少ないだけであり,数多くの恋愛模様(しかもそれぞれが美しく儚いですね。印象に残ります。)が描かれていると当職は思います。

 

 上記報道に接したので,「婚姻届の秘密」に関する豆知識を披露します。わが国年間で約67万件(平成24年度)提出されている婚姻届ですが,あまり知られていない意外な事実があります。それがつぎの3点です。

 ① 自分の住民票がある役所以外でも提出ができる

 ② 婚姻届を発行してもらった役場以外で提出も可能

 ③ (届出書のフォーマットを守れば)ある程度デザインが可能

 

 そうしますと,婚姻届はご夫婦となろうとする方々にとって,縁もゆかりもない土地,たとえば初めて新婚旅行で訪れた土地の役所に立ち寄って提出することもできるということです。自分が住んでいる市区町村役場でないとダメ,という決まりはないわけです。

 また,全国どこの役所でも婚姻届のフォーマットは統一されていますから,(甲県)乙市で受け取った婚姻届を(丙県)丁市の役所に提出することも可能とされています。

 そして,所定のフォーマットを崩さなければ婚姻届のデザインを変更することも可能とのことです(例えば,結婚情報雑誌の付録にあるような枠の色をピンクにした婚姻届も通用します。上記報道の記入欄外にキャラクターの絵を配置するなどの婚姻届も使えるわけです。)。

 

 通常,窓口に提出すれば二度と返ってこない婚姻届ですが,意外な点に目をつけた自治体や企業が地元発信や観光促進・キャンペーンのためにアイデアを凝らした婚姻届を作成し提供しているそうです。まさに「地方創生」の智慧ですね。

 

筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

■離婚・男女問題の情報はこちら

 

 

投稿者: 弁護士濵門俊也

entryの検索