弁護士ブログ

2015.08.12更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 『日本のいちばん長い日』(これは,「歴史探偵」でおなじみの半藤一利著『日本のいちばん長い日 決定版』(文春文庫)によっています。半藤さんの著作は数多く読ませていただいており,ファンの一人です。とくに昭和史を学ぶには最適のテキストが多いです。「正視眼」で歴史をみておられる数少ない方であると尊敬しております。)である「8月15日」が近づいています。この日は,「終戦の日」や「終戦記念日」といわれています。

 

 しかし,これはある考えによったものであり,実際には,我が国において,第二次世界大戦(わが国では太平洋戦争,戦時下では大東亜戦争)が終結したとされる日について,諸説あることをご存じでしょうか。

 今回は,主な諸説を述べさせていただきます。

 

 

A説 1945年(昭和20年)8月14日:日本政府が,ポツダム宣言の受諾を連合国各国に通告した日

【コメント】

 たしかにこの日は翌日放送される玉音放送も録音されていますし,小説『日本のいちばん長い日』もこの日から始まりますが,少し馴染みが薄いでしょう。極めて少数説にとどまりそうです。

 

 

B説 1945年(昭和20年)8月15日:玉音放送(昭和天皇による終戦の詔書の朗読放送,ただし録音)により,大日本帝国の降伏が日本臣民に公表された日

【コメント】

 一般に我が国では,8月15日が終戦の日とされています。玉音放送に関し,「この放送は,天皇陛下がもう少し頑張るのだとの激励をしておられるのだ」などと聞いた方もおられると聞きましたが,それはどう考えてもおかしいでしょう。当時を知る方の「玉音放送の内容はよく分からなかったが,戦争に負けたことは理解できた」というコメントもありますし,多くの日本臣民がとにかく戦争が終わったと実感したのは,まさしくこの日でしょう。

 昭和57年(1982年)4月13日,8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが閣議決定されました。現在ではこの閣議決定に基づいて,毎年8月15日に全国戦没者追悼式が行われています。

 ちなみに,大韓民国では8月15日を「光復節」と称して,日本による朝鮮半島統治からの「解放」を祝う日となっています。北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)も同様に,8月15日を「祖国解放記念日」として祝っています。

 

 

C説 1945年(昭和20年)9月2日:日本政府が,ポツダム宣言の履行等を定めた降伏文書(休戦協定)に調印した日

【コメント】

 少なくとも,連合国史観からはこの日となりそうです(たとえば,アメリカ合衆国,連合王国,フランス,カナダ,ロシア,ベトナム等)。

 1945年9月2日,昭和天皇は「誓約履行の詔書」を発し,日本政府全権の重光葵外務大臣と大本営(陸海軍)全権の梅津美治郎参謀総長が,降伏文書に調印し,即日発効しました。

 連合国軍の占領下にあった1952年(昭和27年)4月27日までの新聞紙上では,9月2日を「降伏の日」,「降伏記念日」や「敗戦記念日」と呼んでいたようです。

 

 

D説 1952年(昭和27年)4月28日:日本国との平和条約(サンフランシスコ平和条約)の発効により,国際法上,連合国各国(ソ連等共産主義諸国を除く)と日本の戦争状態が終結した日

【コメント】

 国際法に精通されている方であれば,この日を支持しそうです。

 1951年9月8日,平和条約であるサンフランシスコ平和条約が調印されました。そして,サンフランシスコ平和条約が発効した1952年4月28日をもって,国際法上,正式に日本と連合国との間の「戦争状態」は終結することとなったのです。

 4月28日については,サンフランシスコ平和条約が発効して日本が完全な独立を回復した日であることから,「主権回復の日」や「サンフランシスコ条約発効記念日」とも呼ばれています。

 

 

E説 1972年(昭和47年)5月15日:沖縄(琉球諸島及び大東諸島)の施政権がアメリカ合衆国から日本に返還された日

【コメント】

 いわゆる沖縄が本土に復帰した日です。

 日本国とアメリカ合衆国との間で署名された協定の正式名称は「琉球諸島及び大東諸島に関する日本国とアメリカ合衆国との間の協定」です。日本の法令用語としては「沖縄の復帰」といいます。

 ただ,沖縄の人たちにとっての終戦記念日は「6月23日」なのかもしれません。

 

 

F説 終戦記念日はない

【コメント】

 いまだ,ソビエト社会主義共和国連邦(以下「ソ連」といいます。現ロシア連邦)との間では,講和条約が締結されていない事実を踏まえれば,このような説もあり得ます。

 ソ連の対日戦勝記念日は9月3日でした。これは,降伏文書に調印した1945年9月2日の翌日に,対日戦勝祝賀会が行われたことにちなんでいます。ロシア連邦でも,ソ連の対日戦勝記念日を引き継いだため,近年まで9月3日でした。

 

 

 いかがでしたでしょうか。いつ戦争が終わったかということを一つとってみても,解釈が分かれ得ることをご理解いただけたかと思います。

 ただ,一点確認しておきたいのは,「戦争ほど,残酷で悲惨なものはない」という点です。当職は歴史に学ぶ賢者になるべく,日々勉強しています。 

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.12更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 乗客乗員520人が犠牲となった日本航空123便墜落事故(以下「日航機墜落事故」といいます。)は,本日(平成27年8月12日),事故発生から30年を迎えました。

 日航機墜落事故は,1985年(昭和60年)8月12日(月)18時56分,東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-100(ジャンボジェット,機体記号JA8119,製造番号20783)が,群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故です。当時,当職は中学生でした。

 事故発生から13時間もの間救助活動が行われなかった状況を見た父が,テレビに向かって「自衛隊は何ばしよっとか!助かる命も助からん!はよ,救助ばせんか!」と怒りを露わにしていたことを鮮明に覚えています(ちなみに,当職は「救助でくっなら,とっくに救助しとらすはずばい。中学生のごたるこつば言うなよ」と父の姿を見ていました。ただ,少しでも多くの命が救われることを祈っていました。)。

 

 日航機墜落事故を題材とした小説としては,山崎豊子著『沈まぬ太陽』横山秀夫著『クライマーズ・ハイ』があります。それぞれ,映画化等もされました。とくに当職は,山崎豊子さんの大ファンですから,熱を帯びつつ唸りながら読んだ記憶があります(本ブログでも,いつか山崎豊子さんに触れたいと思います。)。

 

 日航機墜落事故にはよく知られている事実があります。それは,事故機には多量の医療用ラジオアイソトープ(放射性同位体)が貨物として積載されていた事実です。また,機体には振動を防ぐ重りとして,一部に劣化ウラン部品も使用されていました。

 これらの放射性物質が,事故機墜落によって現場周辺に飛散し,放射能汚染を引き起こしている可能性があったのです。このため,捜索に向かっていた陸上自衛隊の部隊が,すぐに現場には入らず,別命あるまで待機するよう命令されたとのことです。

 この当時は,マスメディアも批判報道をしたことを覚えています。その教訓を生かしてか,東日本大震災の時は,自衛隊が率先して救助活動していただきました。自衛隊でなければできない行動・オペレーションがあることを忘れてはなりません。

 

 当職の座右の銘としている言葉の一つに「愚者は経験に学び,賢者は歴史に学ぶ。」というものがあります。これは,鉄血宰相といわれた初代ドイツ帝国宰相であるオットー・フォン・ビスマルク(1815-1898)の言葉です。

 直訳しますと,「愚者だけが自分の経験から学ぶと信じている。私はむしろ,最初から自分の誤りを避けるため,他人の経験から学ぶのを好む。」となります。

 

 九州電力は,昨日(平成27年8月11日),川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を再稼働させました。2013年7月施行の新しい原発規制基準のもとでは初の原発再開であり,東日本大震災後、2013年9月から約2年間続いた「稼働原発ゼロ」の事態は終わりました。よりによって,東日本大震災の月命日に再稼働するというセンスを疑うものですが,日本人は,経験にすら学んでいない,すなわち,「愚者」ですらないように感じられます。愚者の下には,「虚者(うつけもの)」,「痴愚者」の段階があり,「自分勝手なことをする者」,「他人を傷つけることをする者」の意味とされています。

 「日本のいちばん長い日」が近づいています。さきの戦争からも日本人は学べることがたくさんあります。当職は,常に歴史を学んでいます。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.07更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

1 「人身事故証明書入手不能理由書」とは?

 

 この書類は,読んで字のごとく「人身事故の交通事故証明書を入手できない理由を書いた書類」のことです。比較的軽度な自動車事故においては,事故発生後110番通報をし,警察に現場確認をしてもらったとしても,大抵「物損事故」として処理をされてしまいます。

 しかし,後日むち打ち症などを発症した場合は,事実上「人身事故」となります。

 ただし,記録上は「物損事故」として処理がされているため,このままでは自賠責保険の適用が受けられません。

 

 そこで登場するのが,上記「人身事故証明書入手不能理由書」です。後日むち打ち症などを発症したような状況に陥りますと,加害者側の任意保険会社からこの書類が送られてきます。そこに必要事項を記載して申請することにより,自賠責保険の適用を受ける,というような流れとなります。

 なお,申請の際,物損事故扱いの「交通事故証明書」も必要となりますので,お忘れなく。

 

 

2 さて,この人身事故証明書入手不能理由書を利用する際には,必ず覚えておいて欲しいことがあります。

 

■「あくまで『理由書』であり,『証明書』ではない」というリスク

 

 「交通事故証明書」と「人身事故証明書入手不能理由書」の大きな違いは,その証拠能力です。人身事故としての交通事故証明書があれば,それ自体で人身事故があったという証明は足りるため,自賠責保険から保険金が支払われます。

 

 しかし,「人身事故証明書入手不能理由書」は,あくまでも人身事故による交通事故証明書を入手できない理由を書いた自己申告書類なのです。ということは,その気になれば嘘を書くこともできてしまうのです。

 

 そのため,必ずしも保険会社がそれを鵜呑みにしてくれるとは限らないのです。これが,みんなが忘れているリスクです。

 

■可能な限り「警察署で人身事故へ切り替えること」が最優先!

 

 交通事故後,1週間から10日以内程度であれば,医師の診断書を書いてもらい警察署で手続をすれば,物損事故から人身事故に切り替えを行なうことができるでしょう。

 

 そうすれば,「人身事故証明書入手不能理由書」よりも確実な「人身事故の交通事故証明書」が入手できますので安心です。

 

 警察は,人身事故への切り替えを嫌がるため,「人身事故証明書入手不能理由書」の利用を勧めてくる場合がありますが,より確実に自賠責保険から補償を受けるためには,やはり人身事故としての事故証明の入手が第一優先です。「人身事故証明書入手不能理由書」はあくまでも「入手不能」な場合に限り利用すべきなのです。

 

■「人身事故証明書入手不能理由書」には何を書くの?

 

 「人身事故証明書入手不能理由書」には,加害者,被害者の氏名や住所といった基本的な情報はもちろん記載しますが,ポイントとなるのは入手できない「理由」についてです。もちろん嘘は許されません。交通事故後しばらくしてから症状が発症した等の理由であれば,理由が認められる可能性も高いでしょう。

 

■物損から人身に切り替えたい

 

 そういった相談があれば,早めに弁護士濵門俊也にご相談ください。非協力な加害者,保険会社を動かすには,弁護士の力を借りるのが早いです。また,慰謝料・示談金の請求でも増額の期待がもたれます。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.07更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 先日,平成27年8月5日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)を視聴したのですが,妻と二人で大爆笑させていただきました。とくに圧巻は,「みんなの説」のなかで,スピードワゴンの井戸田潤さんが紹介した「宇多田ヒカルの『First Love』の中の『誰を思ってるんだろう』の部分を,カラオケで全員『誰を思ってるんだはー』と歌う説」のコーナーです。

 

 検証VTRでは,カラオケ店で「『First Love』のうまく歌う人を探している」というニセ企画を一般客に持ちかけ,調査を行っていました。

 調査は,1人目の女性から「だはー」と歌うところから始まり,2人目,3人目の女性も同様に「だはー」と歌っていました。その後もほとんどの一般客が「だはー」と歌い,結果,井戸田さんが唱えた説は実証されました。

 実際に宇多田さんのCDを聞いてみると「だはー」と歌っているように聞こえ,一般人はオリジナルに基づいて歌っていることが判明しました(当職も宇多田さんのファーストアルバムから複数所持しており,「First Love」の歌唱についても「だはー」と聞こえていました。ちなみに,福山雅治さんの名曲「桜坂」には本来歌詞にない「Woo Yeah」を福山さんご本人が歌唱するため,カラオケの歌詞には「Woo Yeah」が入っています。)。

 

 つづいて,プロはどのように歌っているかという検証となりました。まずMay J. さんと台湾人歌手のリン・ユーチュンさんがカバーした「First Love」を確認すると,二人とも該当部分を「だらー」と歌っていました(この歌唱は本来の歌詞が「だろう」ですから,二人の気持ちは分かります。)。

 また,德永英明さんのカバーを聞くと「だろう」と歌っており,歌詞に忠実に歌うプロもいることが分かりました(この点に関し,玉置浩二さんもやしきたかじんさんの名曲「やっぱ好きやねん」をカバーした際,歌詞どおりに「好きやねん」と歌っていました。たかじんさんのファンからは,オリジナルのように「好っきゃねん」と歌うべきであるとの批判がありました。しかし,本来カバーというものは,歌詞に敬意を払い,德永さんや玉置さんのような姿勢で歌うべきと思います。)。

 さらに,JUJUさんのカバーを聞くと「ださー」と歌っており,これにはスタジオも驚きの声が上がっていました(JUJUさんも魅力的な歌手で,妻も当職もファンですが,これはひどいですね。)。

 

 最後に「クセが強いこの人では?」ということで,真打・大友康平さんが登場します。大友さんは,曲の始めから自分の持ち歌のように歌い,かっこよかったのですが,大友さんは,問題の部分をなんと「だひょ~ん」と歌ったのす。「だひょ~ん」って(笑)。まさにびっくり仰天!妻と当職は,お互いに涙を流して,ひたすらガハガハ笑っておりました。当該部分を何度も何度も再生して楽しんだことは言うまでもありません。

 

 歌詞の意味を知らずに,耳だけで勘違いしていたことは,昔から結構ありました。

 たとえば,「アルプス一万尺」1番の歌詞「小槍」のことを「子ヤギ」と聞いていたり(ちなみに,この「アルプス」は日本アルプスのことです。),テレビアニメ「巨人の星」のOP「ゆけゆけ飛雄馬」1番の歌詞の「思いこんだら」を「重いコンダラ」と聞いていたりしたものです。

 ちなみに,「コンダラ」とは,グランド整備などに使う整地用手動式ローラーのことを指しますが,俗語であり,そのような呼称はありません。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.07更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 広島は,昨日(平成27年8月6日),70回目の原爆の日を迎え,午前8時から広島市の平和記念公園で平和記念式典が執り行われました。広島東洋カープは,忘れてはならないこの日を次世代に伝えるため,胸には「PEACE」の文字,背中には「86」を背負い阪神タイガースとの一戦に臨みました。

 

 原爆死没者慰霊碑(正式な名称は「広島平和都市記念碑」ですが,通称の「原爆死没者慰霊碑」として,よく知られています。)の石室前面に次のような文章が刻まれています。

 

  『安らかに眠って下さい 過ちは繰り返しませぬから』

 

 この英訳は次のとおりです。

 『Let all the souls here rest in peace ; For we shall not repeat the evil.』

 

 ご自身も被爆者であった雑賀忠義広島大学教授が,英訳も含めてこれを撰文・揮毫しています。そこには,「この碑の前にぬかずく一人一人が過失の責任の一端をにない,犠牲者にわび,再び過ちを繰返さぬように深く心に誓うことのみが,ただ一つの平和への道であり,犠牲者へのこよなき手向けとなる」という浜井信三広島市長の見解が汲み入れられています。

 

 上記文章をめぐって論争が繰り広げられたことはよく知られています。「過ち」は誰が犯したものなのかとか,原爆を投下したのは米国であるのに,その責任を明確にしていないとか,被爆者がなぜ自責の念を表明しなければならないのかとか,「繰り返させませぬから」の方が適切ではないのか,等々の異論・反論が寄せられていました。

 これらを踏まえ,広島市は,碑文の趣旨を「碑文はすべての人びとが原爆犠牲者の冥福を祈り戦争という過ちを再び繰り返さないことを誓う言葉である。過去の悲しみに耐え憎しみを乗り越えて全人類の共存と繁栄を願い真の世界平和の実現を祈念するヒロシマの心がここに刻まれている」として,昭和58年(1983年)に日・英語で,平成20年(2008年)から8つの言語による説明板を設置しています。

 

 さて,碑文のニュアンスをうまく伝える英語ならではの表現としては,つぎの文章が知られています。

 『No more Hiroshimas, no more Nagasakis!』

 

 有名な「ラッセル・アインシュタイン宣言」の一節には,「私たちは,人類として,人類にむかって訴える――あなたがたの人間性を心にとどめ,そしてその他のことを忘れよ,と」(『核の傘に覆われた世界』久野収編,平凡社)とあります。

 原爆投下から70年を迎えた現在でも,「核兵器は安全保障の確保に有効だとする“神話”」が生き続けています。もう“神話”の時代は終わらせなければなりません。

 日本国は,「唯一」の戦争被爆国(「最初」の被爆国ではなく,「唯一」の被爆国にしなければなりません。)であり,第五福竜丸も米軍の水爆実験によって被ばくしました。そればかりか,東日本大震災では,原発事故により,4度も放射線の恐怖に曝された国であることを忘れてはなりません。そして,日本国は,もう二度と人類を核の脅威に曝してはならないと宣言していくべき責務があります。

 8月9日は長崎が70回目の原爆の日を迎えます。核兵器の使用はいかなる理由があっても許されぬ「絶対悪」であるとの精神を今一度,70回目の原爆の日にあらためて確認したいと思います。

投稿者: 弁護士濵門俊也

前へ

entryの検索