弁護士ブログ

2015.11.30更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 ソーシャルゲームをご存じでしょうか。「基本無料」なので,暇つぶし等で遊んだりしている方も多いかと思います。ただ,ゲームが進むにつれて「基本無料」ではあきたらず(課金しないとアイテム等がゲットできないなど),思わず「課金」してしまったという方もおられるのではないでしょうか(ちなみに,当職の性格上,課金してしまったら最後となりそうなので,絶対に課金をしないようにしています。)。

 係るソーシャルゲームの課金に関し,課金のしすぎで多額の借金が生じてしまったといった相談を受けることも最近増えてきました。この潮流を受けてか,昨年4月に大阪地方裁判所第6民事部(倒産部)で破産申立の書式が改訂されたそうです。改訂前は,破産申立てをする際の「免責不許可事由に関する報告」において,「浪費等」の欄には,「飲食・飲酒」「投資・投機及びネットワークビジネス・マルチ商法等」「商品購入」「ギャンブル」と記載され,最後は単に「その他」となっていたそうですが,「その他(ゲーム代その他の有料サイト利用代等)」と変わったそうです。

 

 まず,「免責」とはどういうものでしょうか。免責は,大きな債務を負ってしまった破産申立人の経済的再生を実現するために設けられた制度で,破産手続終了後に残った債務の返済義務を免れる手続を指します。免責されたからといって権利が失われるものではなく,法的な「責」任を「免」れるための手続なのです。

 ただし,財産を隠したり,浪費・賭博などによって財産を減少させるなど,破産法252条1項各号に定める「免責不許可事由」がありますと,免責を受けられない場合があります。その趣旨は,モラルハザード(倫理欠如)が起きることを防ぐ点にあります。

 今回,大阪地裁の書式が改訂されて「浪費等」の欄に「ゲーム代」が明記されたのは,破産の申立人の中でソーシャルゲームに相当な額をつぎ込んでいる人が増えてきたためであると想像できます。

 ゲーム代だけで破産に至る案件を扱ったことはないですが,ただでさえほかの債務を負っているところへ高額のゲーム代が追い打ちをかけて債務額が増大した,という案件は最近増えました。

 しかし,誤解してもらいたくないのですが,「浪費等」の免責不許可事由があっても,直ちに免責不許可になるわけではありません。その程度に応じて,「反省文と家計簿を提出する」「免責調査型(大阪地裁では「免責観察型」と呼んでいるそうです。)の管財手続に移行する」などの方法によって免責が受けられることが多いです。

 

 以前から,射幸心を煽るソーシャルゲームは問題視されています。多額の浪費を招き,破産の原因につながる事態が広がれば,ゲーム市場全体にも悪影響を及ぼしかねません。何事もほどほどがよいようです。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.27更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 1型糖尿病でインスリン注射が必要だった男子児童(当時7歳)に注射を中断させ死亡させた殺人の被疑事実で,「龍神」を名乗る自称・祈祷師の被疑者が逮捕されました。男子児童は死亡3日前から体調が悪化したようですが,被疑者は死亡前日も治療と称する行為をしていたといいます。

 男子児童のご両親は,「注射をするのがなぜ僕だけなのかと言われ,かわいそうだった」「藁にもすがる思いで頼んだが,間違いだった」と話されているそうですが,悔やんでも悔やみきれない話です。鎌倉時代に登場した法華経の行者・日蓮は,「利根と通力とにはよるべからず」(唱題法華題目抄)と明言しています。

 

 さて,「龍神」を名乗る被疑者の逮捕罪名は「殺人」のようです。本件における被疑者の罪責を考えるうえで参考となるのが,いわゆるシャクティパット事件最高裁判決(最判平成17年7月4日刑集59巻6号403頁)でしょう。この事件は,特殊な事件に関する事例判断ではありましたが,不作為による殺人罪の成立を認めた最高裁として初めての判例であり,今後の実務や不真正不作為犯に関する議論にも有益な示唆を与えるものです。

 

【判旨一部引用】

 以上の事実関係によれば,被告人は,自己の責めに帰すべき事由により患者の生命に具体的な危険を生じさせた上,患者が運び込まれたホテルにおいて,被告人を信奉する患者の親族から,重篤な患者に対する手当てを全面的にゆだねられた立場にあったものと認められる。その際,被告人は,患者の重篤な状態を認識し,これを自らが救命できるとする根拠はなかったのであるから,直ちに患者の生命を維持するために必要な医療措置を受けさせる義務を負っていたものというべきである。それにもかかわらず,未必的な殺意をもって,上記医療措置を受けさせないまま放置して患者を死亡させた被告人には,不作為による殺人罪が成立し,殺意のない患者の親族との間では保護責任者遺棄致死罪の限度で共同正犯となると解するのが相当である。

 

 本件もいずれ詳細な事実関係が判明してくるものと思います。本件において,「龍神」を名乗る被疑者に対して殺人罪が成立するかどうかは慎重に捜査されるべきでしょう。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.25更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 平成27年11月20日(金),遺言者が自筆証書である遺言書の文面全体に故意に斜線を引く行為が民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当するかどうかが争われた事案において, 最高裁判所第二小法廷は,積極に解し,遺言を撤回したとみなすべきであるとの判断を下しました。

 第1審も第2審もともの消極に解していたため,係る争点に決着をつける判断となりました。実務上も非常に有益なものですから,以下,判決文を引用いたします。

 

【以下,引用始め】

 平成26年(受)第1458号遺言無効確認請求事件

 平成27年11月20日第二小法廷判決

   主   文

1 原判決を破棄し,第1審判決を取り消す。

2 亡Aの作成に係る第1審判決別紙添付の昭和61年6月22日付け自筆証書による遺言が無効であることを確認する。

3 訴訟の総費用は被上告人の負担とする。

 

  理   由

 上告代理人今井光の上告受理申立て理由について

1 本件は,上告人と被上告人の父である亡Aが作成した昭和61年6月22日付け自筆証書(以下「本件遺言書」という。)による遺言(以下「本件遺言」という。)について,上告人が,Aが故意に本件遺言書を破棄したことにより本件遺言を撤回したものとみなされると主張して,被上告人に対し,本件遺言が無効であることの確認を求める事案である。

2 原審の適法に確定した事実関係の概要は,次のとおりである。

⑴ Aは,昭和61年6月22日,罫線が印刷された1枚の用紙に同人の遺産の大半を被上告人に相続させる内容の本件遺言の全文,日付及び氏名を自書し,氏名の末尾に同人の印を押して,本件遺言書を作成した。

⑵ Aは,平成14年5月に死亡した。その後,本件遺言書が発見されたが,その時点で,本件遺言書には,その文面全体の左上から右下にかけて赤色のボールペンで1本の斜線(以下「本件斜線」という。)が引かれていた。本件斜線は,Aが故意に引いたものである。

3 原審は,上記事実関係の下において,本件斜線が引かれた後も本件遺言書の元の文字が判読できる状態である以上,本件遺言書に故意に本件斜線を引く行為は,民法1024条前段により遺言を撤回したものとみなされる「故意に遺言書を破棄したとき」には該当しないとして,上告人の請求を棄却すべきものとした。

4 しかしながら,原審の上記判断は是認することができない。その理由は,次のとおりである。

 民法は,自筆証書である遺言書に改変等を加える行為について,それが遺言書中の加除その他の変更に当たる場合には,968条2項所定の厳格な方式を遵守したときに限って変更としての効力を認める一方で,それが遺言書の破棄に当たる場合には,遺言者がそれを故意に行ったときにその破棄した部分について遺言を撤回したものとみなすこととしている(1024条前段)。そして,前者は,遺言の効力を維持することを前提に遺言書の一部を変更する場合を想定した規定であるから,遺言書の一部を抹消した後にもなお元の文字が判読できる状態であれば,民法968条2項所定の方式を具備していない限り,抹消としての効力を否定するという判断もあり得よう。ところが,本件のように赤色のボールペンで遺言書の文面全体に斜線を引く行為は,その行為の有する一般的な意味に照らして,その遺言書の全体を不要のものとし,そこに記載された遺言の全ての効力を失わせる意思の表れとみるのが相当であるから,その行為の効力について,一部の抹消の場合と同様に判断することはできない。

 以上によれば,本件遺言書に故意に本件斜線を引く行為は,民法1024条前段所定の「故意に遺言書を破棄したとき」に該当するというべきであり,これによりAは本件遺言を撤回したものとみなされることになる。したがって,本件遺言は,効力を有しない。

5 以上と異なる原審の判断には,判決に影響を及ぼすことが明らかな法令違反がある。論旨は理由があり,原判決は破棄を免れない。そして,以上説示したところによれば,上告人の請求は理由があるというべきであるから,第1審判決を取り消した上,その請求を認容することとする。

 よって,裁判官全員一致の意見で,主文のとおり判決する。

 (裁判長裁判官 千葉勝美 裁判官 小貫芳信 裁判官 鬼丸かおる 裁判官 山本庸幸)

【以上,引用終わり】

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.24更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 日帰り出張を多数繰り返したなどとする虚偽の収支報告書を作成し,政務活動費などをだまし取ったとして,詐欺と有印虚偽公文書作成・同行使の罪に問われた元兵庫県議会議員の被告人(49歳)の初公判が,本日平成27年11月24日,神戸地方裁判所で開かれる予定でしたが,被告人が欠席したため,この日の公判は中止されたとの報道がありました。

 被告人の弁護人によりますと,被告人は出廷する予定だったそうですが,約10日前から精神的に不安定となり通院していたそうです。22日昼ころから,マスコミ関係者とみられる人物が大阪市内の居所を訪れ,呼び鈴を鳴らされるたび警察に通報するなど,さらに精神的に不安定となったそうです。

 被告人が24日早朝,出廷しようと玄関を出たところ,マスコミ関係者とみられる人物と鉢合わせとなってしまい家に戻ってしまったそうです。そして,午前8時半ころ,「精神的に出廷できる状況にない」とのメールが送られてきたそうです。弁護人は説得を試みたそうですが,被告人本人の意向が強く,結局欠席となったといいます。

 さて,刑事裁判において,被告人が出廷しなくても裁判が開けるのでしょうか。今回は,刑事裁判における被告人の欠席について説明します。

 

 そもそも,刑事裁判においては,被告人が出頭することが原則として義務付けられています

 すなわち,刑事訴訟法第286条において,「………,被告人が公判期日に出頭しないときは,開廷することができない。」と定められているのです。

 しかし,被告人がどうしても裁判所に来ないときにまで,公判期日が開けないとなると非常に困ったことになります。

 そこで,例外的に被告人が裁判所に出廷しなくてもよい場合を定めた規定があります。刑事訴訟法第286条の2には,「被告人が出頭しなければ開廷することができない場合において,勾留されている被告人が,公判期日に召喚を受け,正当な理由がなく出頭を拒否し,刑事施設職員による引致を著しく困難にしたときは,裁判所は,被告人が出頭しないでも,その期日の公判手続を行うことができる。」と定められています。

 上記元兵庫県議会議員の事件の報道には,被告人が正当な理由がなく出頭を拒否するなどして,裁判所に行くことを拒んだような状況はなさそうです。

 今後,上記事件の裁判がどのように進められるのか,非常に興味深いところです。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.20更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 元スーパーアイドルのメンバーで俳優のOさんが,女優のKさんとの間にもうけた長男(現在18歳)が実子ではないことの確認を求めた親子関係不存在確認訴訟において,東京家庭裁判所は,昨日平成27年11月19日,「原告と被告との間に親子関係が存在しないことを確認する」との判決を言い渡しました。婚姻から200日目に出生した長男は民法772条2項により親子関係が推定されず,DNA型鑑定でも生物学的父親ではないという結果があることから,Oさんの勝訴となりました。

 

 「200日」という数字が大きなポイントになっており,上記東京家庭裁判所は,民法772条2項の「200日後」の「後」について,200日目を含まないという見解を採用したこととなります。

 それでは,かりに長男が201日目に出生していれば,どうなっていたのでしょうか。この場合の長男は民法772条により嫡出の推定を受ける子ということとなりますが,そのような場合でも親子関係不存在確認の訴えが許されるのでしょうか。

 

 この点に関し,「夫と民法772条により嫡出の推定を受ける子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであるなどの事情がある場合における親子関係不存在確認の訴えの許否」が争われた事案について,最判平成26年7月17日民集第68巻6号547頁は,「夫と民法772条により嫡出の推定を受ける子との間に生物学上の父子関係が認められないことが科学的証拠により明らかであり,かつ,夫と妻が既に離婚して別居し,子が親権者である妻の下で監護されているという事情があっても,親子関係不存在確認の訴えをもって父子関係の存否を争うことはできない。」旨判示しています。

 

 嫡出推定に関する現行民法の規定は,妻が婚姻中に懐胎した子を夫の子と推定し(民法772条1項),夫において子が嫡出であることを否認するためには,嫡出否認の訴えによらなければならず(同法775条),この訴えは,夫が子の出生を知った時から1年以内に提起しなければならない(同法777条)とされています。そして,このような嫡出推定に関する規定があることに伴い,父性の推定の重複を回避するための再婚禁止期間の規定(民法733条)及び父を定めることを目的とする訴えの規定(同法773条)が整備されています。

 

 このように,民法は,父子の法律関係を安定させるために,1年以内に限って,「嫡出否認の訴え」という特別の類型の訴えを認めているのみですから,もし,冒頭の事案において,長男が201日目以降に生まれていた場合には,「親子関係不存在確認の訴え」によって父子の法律上の親子関係がないことは確認できなかったわけです。 

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.19更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 今日は平成27年11月19日,11月の第3木曜日ということで,ボジョレー・ヌーボーの解禁日です。この解禁日ですが,1951年,フランス共和国政府が公式に決めたものです。当初は11月15日と日付が固定されていたらしいのですが,日付固定ですと休日となってしまう年が出てきてしまいます。そうしますと業者が困ってしまいますので,1984年から現在のように改められたとのことです。

 わが国では,1997~98年に起こったワインブームのころから注目されるようになり,以来毎年,世界への出荷量の半分ほどがわが国に輸入されているようです。

 

 妻も当職も赤ワイン好きなため,一応恒例行事として飲むこととしているのですが,ワイン好きからしますと,実はあまり美味しいわけではありません。

 ボジョレー・ヌーボーとは,フランス南東部・ブルゴーニュ地方のボジョレー地区で作られるワイン(ボジョレー)の新酒(ヌーボー)です。シャンパンやスコッチと同じように,特定の地域で作られたお酒というものですから,一口にボジョレーといっても作り手さんの数だけ種類があることとなります。

 ボジョレー・ヌーボーは,その年に収穫されたぶどうの出来を確認するための試飲酒で,炭酸ガスを注入する急速発酵技術を用いて数週間で醸造されるそうです。だから,深味のない軽い感じの味になるとのことです。ワインメーカーやぶどう農家がその年の収穫を祝ったり,販売業者がその年の購入量を決める目安にしたりというのが,ボジョレー・ヌーボーの本来の飲まれ方なのです。あまり美味しくない理由はその辺にありそうです。

 ただ,前述のとおり,わが国の10~20倍のワインを飲んでいる国々が多数あるにも関わらず,ボジョレー・ヌーボーの輸入量においてはわが国が圧倒的に他国を上回っています。先日のハロウィン同様,ここでも日本人のイベント好きが高じているようです。

 

 今年は少し趣の違う角度からボジョレーヌーボーを味わいたいと思います。それは先日発生したフランス・パリで発生した同時多発テロの犠牲者に対するお悔やみです。エスプリの国・フランスが悲劇から立ち直ってくれることを極東の地から応援しています。

 頑張れ!フランス!

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.18更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 フランス共和国(以下「フランス」といいます。)の首都パリで,現地時間の11月13日夜,コンサートホールやレストランなどで,爆弾や銃撃による同時多発テロ事件が起きました。ニュース報道によれば,129人が死亡し,350人以上が負傷したとのことです。

 今回のテロ事件を受けて,海外で駐在や旅行をしている際に,テロに遭遇するかもしれないと不安に思った人も少なくないのではないでしょうか。外国での事故に備えて,海外旅行保険に加入する人も多いかと思いますが,どこまで補償されるのでしょうか。

 すでにお気づきの方もおられるように思いますが,保険の約款の中には「免責条項」が定められており,特定の事情で発生した損害について「保険会社は保険金を支払いません」と規定されているものがほとんどです。この特定の事情の中に「戦争」「外国の武力行使」「革命」「内乱」「武装反乱」等といった文言が含まれていることは珍しくありません。

 そこで,今回はテロと免責条項について解説します。

 

●一般的には,テロは免責条項に該当しない

 各保険会社の海外旅行保険において定められている免責条項は,いわゆる「戦争危険」として免責される旨が定められています。

 他方,警察庁組織令によりますと,テロとは「広く恐怖または不安を抱かせることによりその目的を達成することを意図して行われる政治上その他の主義主張に基づく暴力主義的破壊活動」であると定義されています(警察庁組織令第39条4項)。

 また,ある大手保険会社のホームページには,「政治的,社会的,宗教的もしくは思想的な主義もしくは主張を有する団体もしくは個人またはこれと連帯するものがその主義または主張に関して行う暴力的行動」とされているものもあります。

 係る定義からしますと,テロが「暴力主義的破壊活動」や「暴力的行動」にとどまる以上,「戦争危険」には該当しないとされることとなりますし,実際もそのように解釈されています。

 よって,海外でテロの被害にあった場合,海外旅行保険により損害を補償してもらうことが可能となるのが一般的です。

 

●テロから「戦争」に発展してしまった場合の取り扱い

 では,今後「テロ」をきっかけに「戦争」に発展してしまったケースにおいては,どうなるのでしょうか。

 あまり考えたくない事態ですが,テロ行為が組織的かつ間断なく継続的に行われ,平面的な広さをもつようになり,これを阻止しようとする勢力と交戦状態に至り,「戦争」や「内乱」等に該当するような場合には,「戦争危険」に該当すると想定できます。そうした場合,「戦争危険」に該当した以降の損害については,免責事由に該当することが想定されます。

 免責事由に該当する「外国の武力行使」などを起因として生じた傷害または疾病に対しては,保険金が支払われないおそれがあるでしょう。

 

 フランスのオランド大統領は11月16日,自国が「戦争状態にある」として,テロ直後に出した非常事態宣言の3か月延長を議会に要請する方針を明らかにしました。もし今後,フランスで大きな殺傷事件が起きた場合は,保険会社が「戦争」と判断して,保険金を支払わない可能性もあり得るかもしれません。

 とてもかくても,海外旅行保険に加入する際には,しっかり約款を確認したほうがいいと思います。 

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.17更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 連日熱戦が繰り広げられている『世界野球WBSCプレミア12』(以下『プレミア12』といいます。)。われらが侍ジャパン日本代表は,11月19日に大韓民国(以下「韓国」といいます。)との準決勝(東京ドーム・19時プレイボール)に臨みます。開幕ラウンド(予選ラウンド)では,大谷翔平投手の快刀乱麻を断つ活躍等で韓国を圧倒した侍ジャパンですが,何点差がついていてもセーフティリードとはいえず,最後の最後まで何が起きるか分からないのが国際試合です。世界一を目指して頑張ってください。応援しています。

 

 さて,今回TBS系列の放送では,前回の第3回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に引き続き,テーマソングとしてロックバンドJOURNEY(ジャーニー)の1983年の作品である『Separate Ways(セパレートウェイズ)』が使われております。

 JOURNEYの『Separate Ways』は,『FRONTIERS』という彼らのアルバムに収録されているシングルカットされた曲です。『FRONTIERS』は,全米ビルボード・チャートで9週連続で2位,現在までに米国だけで600万枚を売り上げているそうです。発売当時はマイケル・ジャクソンの『スリラー』が1位を独走しており,チャート1位の座は阻まれました。MJが相手では無理もありませんね。

 『Separate Ways』の曲のノリ自体は結構よいと思いますし,「Ah…」の雄叫びは印象に残ります。しかし,歌詞自体は,この曲は男女の別れがテーマのようで,闘う漢(おとこ)たちの歌とは到底いえません(『Separate Ways』のような雰囲気だけはよいが,歌詞の意味がよく分からない曲のことを,当職は「雰囲気ソング」と呼んでいます。)。「気づき」のきっかけは,第3回WBCが開催されていた際,洋楽の歌詞を訳するのが上手な妻からもたらされた情報からでした。妻に言わせますと,『Separate Ways』は「男の未練歌」だそうです(訳を聴いてすっと腑に落ちました。)。

 TBSの選曲の意図は不明ですが,皆さん盛り上がっているので「まぁいいか」と妥協してしまう今日この頃です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.16更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 平成27年10月31日(土)から11月13日(金)まで『機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ哀しみのアルテイシア』(以下『哀しみのアルテイシア』といいます。)のイベント上映が行われ,当職も事務所近くの映画館で鑑賞してきました(鑑賞してきたことを妻に隠していたところ,どうして話してくれなかったのかと少し怒られました。)。

 

 エドワウ・マス役の池田秀一さんは少し無理があったように思いましたが(個人的には,池田さんの出番は士官学校入学後のシャアからでもよかったのではないかと思いました。),潘めぐみさんは,完璧にセイラ・マスをモノにした印象を受けました。「ララア・スンの魂」は娘さんが継承していました。ちなみに,オードリーがミライを演じています。

 

 初日の舞台挨拶に登壇された安彦良和監督は,「今年は戦後70年」と前置きしたうえで,ガンダムのテーマについて「(ガンダムは)戦争を賛美する,逆に悲惨さを描いているなどと言われるが,どちらも違う。『人間が,なぜ戦争をしてしまうか?』がテーマ」と述べたとのことです。また「それに気づかせてくれたのは,ほかならぬアムロ」とも述べられたそうです。深いです。非常に感銘を受けました。

 35周年を越えたガンダムですが,「40過ぎたおじちゃんが『ガンダム』,『ガンダム』って,どうかと思うな」と思いながらもついつい見てしまいますね。毎週日曜午後5時~MBS/TBS系列全国28局ネットにて放送中の『機動戦士ガンダム・鉄血のオルフェンズ』もハードボイルドな仕上がりで毎回楽しみに視聴しています。.

 

 今回の『哀しみのアルテイシア』の主題歌・服部隆之 Presents GUNDAM THE ORIGIN featuring 石田匠の『風よ 0074』は少し懐かしい気がしました。大ヒットメーカー・松井五郎さんの歌詞は,シャアの心情に寄り添った心に沁みる感動の名曲でした(ちなみに,当職は松井五郎さんの歌詩から「男と女」を学びました。)。「永遠の赤を纏う」の繰り返しがいいです。

 

 2016年春には,『機動戦士ガンダム ORIGIN III 暁の蜂起』の上映が予定されています。

 第3話では,士官学校に入学した「シャア・アズナブル」と「ガルマ・ザビ」の2人を中心に,激動の物語が展開されていきます。『哀しみのアルテイシア』上映後の予告編のラストには,RX-78-2ガンダムが大地に立とうとしていました。興味は尽きません。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.11.12更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 本日(平成27年11月12日)午後,大韓民国(以下「韓国」といいます。)の最高裁に当たる大法院が,セウォル号船長に対し,不作為による殺人罪を認定し,無期懲役の判決を下したというニュースが配信されました(前回ブログを参照してください。)。

 そこで,今回は,「不作為による殺人」及び「殺人の未必の故意(未必の殺意)」について解説します。

 

●不作為とは,法益侵害の現実的危険が発生している状況下において,何もしないで放置すること

 

 不作為とは,目の前で人が死にかかっているにもかかわらず,何もしないで放置するといった意味です。「目の前で人が死にかかっている」という生命侵害の切迫した危険が発生している状況が不作為犯として犯罪の構成要件に該当する前提となります。

 

 不作為による殺人罪が成立するのは,法益侵害の現実的危険が発生している状況下において,

①被害者の生命を救助すべき義務(作為義務)があること

②当該不作為が,積極的な殺人の実行行為と構成要件的に同価値であること

③作為可能性があること

④殺人の故意があること

以上の4つの要件をすべて充たす場合です。

 

●セウォル号事件に対するあてはめ

 

 セウォル号事件のような事案を想定しますと,わが国でも不作為による殺人罪の成否が問われ得ると思います。

 まず,旅客船の船長としては,当然,要件①の「事故時における旅客救助義務」があります。旅客を甲板に誘導するなどして,救命措置を採ることも可能であったといえますから要件③も充たします。

 つぎに,セウォル号事件は,沈没しつつある船舶内で,他者からの救命が想定できず,また,旅客自身が自主的に脱出することも極めて難しい状況でした。いわば,閉じ込められた状態です。そのような乗客を放置して逃げ出す行為は,積極的な殺人の実行行為と同じように生命侵害に対する危険性が高い行為といえますから構成要件的に同価値といえます。実際,多数の旅客が死亡しています。よって,要件②も満たします。

 問題は要件④です。実際セウォル号事件においても,第1審と控訴審とでは判断が分かれましたが,それは「殺人の未必の故意(未必の殺意)」の有無についてのものでした。

 「殺人の故意」が認められる場合としては,被害者が確実に死亡することを認識し,その死を欲していることと考えるのが通常でしょう。これを「確定的故意」といいます。

 しかし,「殺人の故意」が認められる場合とは,そのような場合に限定されないのが法律上の解釈です。

 被害者が死亡するかもしれないと認識しながら,死亡してもかまわないと考えた場合も含まれるのです。このような故意を「未必の故意」といいます。

 韓国の大法院もセウォル号船長について殺人の未必の故意(未必の殺意)を認定しました。

投稿者: 弁護士濵門俊也

前へ

entryの検索

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる