弁護士ブログ

2017.11.25更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 


昨日(平成29年11月24日),デビュー35周年を迎えた日本を代表する男性5人組ロックバンド・安全地帯の『ALL TIME BEST「35」~35th Anniversary Tour 2017~』の日本武道館公演に妻と一緒に行ってきました。
同所での公演は,10年に活動を再開させて以来7年ぶりのことです(早速帰宅後,妻とDVDを鑑賞しました。)。
ボーカルの玉置浩二(以下「玉置さん」といいます。)は,オープニングソング代表曲「ワインレッドの心」(昭和58年,1983年)の歌詞♪♪心をまだもてあましているのさ この夜も…を♪♪-武道館の夜に…と変えて歌い,「じれったい」(昭和62年,1987年)の歌詞も「武道館の夜を」と変えて歌ってくれ,私たち観客1万2500人を喜ばせました。
2夜連続公演の最終日は,MCなしのノンストップで24曲を情感たっぷりに熱唱。圧巻のパフォーマンスでした。
個人的には,『情熱』→田中裕二さん(以下「田中さん」といいます。)のドラムソロ→玉置さんの不思議なダンスからの『真夜中すぎの恋』の流れがよかったです(思いっきり♪♪真夜中すぎの~こ~いだ~から~♪♪と歌いました。)。また,久しぶりに『夢のつづき』のフルバージョンを聞けたのもよかったです。

 

私にとっては武道館デビューとなり,30年来の念願が叶いました。ちなみに,妻はあの伝説の武道館コンサート『ENDLESS (LIVE 1985)』(昭和60年,1985年2月12・13日)に友人と行ったらしく今回の武道館は2回目となります(初めて妻からその話を聞いた時,熊本の田舎に住んでいた少年に安全地帯が好きだという友人はおりませんでしたので,すごく羨ましいと言いました。)。

 

安全地帯といえば,

玉置さんの繊細かつ圧倒的なボーカル(とても来年還暦をお迎えになるとは思えないほどパワフルでありソウルフルです。現在が一番声が出ているようにも感じます。),

矢萩渉さんと武沢侑昂さんの絶妙でスリリングなツインギター(めちゃくちゃかっこいいんです。私はギターは弾けませんが,口で演奏していました。),

ベースの六土開正さんのマルチプレー(お茶目なキャラですが,渋いです。),

ドラムスの田中さん(姿勢がすごくいいんです。猫背気味の私にとってはすごいと思います。)が刻む骨太なリズムが特徴的です。昨日のコンサートもあらためて「安全地帯はロックバンドである」ことを確認できました。「悲しみにさよなら」(昭和60年,1985年)の歌詞「愛をふたりのために」を「みんなのために」ではなく,「安全地帯のために」と変えてくれた点も唸りました。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる