弁護士ブログ

2015.09.08更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 本日は,平成27年度の司法試験の合格発表の日です。それに合わせるように,昨日,今年の司法試験の内容が漏えいした問題がニュース報道されました。法務省は本日(9月8日),「司法試験考査委員」を務めていた明治大学法科大学院の憲法学の教授(以下「明治大教授」といいます。)が,試験前に教え子の受験生に問題の内容を漏らしていたと発表しました。

 

 あらためていうまでもありませんが,司法試験考査委員は,非常勤の国家公務員として守秘義務が課せられています。法務省の司法試験委員会は,本日,国家公務員法違反(守秘義務違反)の被疑事実で,先の明治大教授を東京地方検察庁に告発しました。

 法務省の調査に対し,明治大教授と受験生は漏えいの事実を認めており,同省は同教授を考査委員から解任したそうです。告発を受けた東京地検特捜部は,漏えいの経緯などについて本格的に捜査を始めたようです。

 法務省などによりますと,明治大教授は作成に関わった憲法の論文式試験第1問の出題内容を,今年5月の試験前,教え子の20代女性に漏らしたとのことです。漏えい先はこの女性1人で,同省は女性を採点の対象から除外するとともに,今後5年間,司法試験などを受験することを禁止する行政処分を行ったそうです。この処分により,女性は司法試験の受験資格を失うこととなります。

 明治大教授は,自分が作問に関わった憲法についての論文式試験の内容だけでなく,解答する上で必要な論述のポイントまで,事前に教えていたということも分かっているようです。論文式試験の採点が始まると,この女性の答案だけが「情報漏えいがなければ作成困難」な内容だったそうであり,疑問に感じた別の考査委員が情報提供し,法務省が調査に乗り出したそうです。

 

 「司法試験考査委員による試験問題漏えい事件」は,忘れたころにやってくる感じで問題が発生します。最近ですと,司法試験考査委員だった元慶応義塾大学法科大学院教授が,平成19年,実際の出題に類似した論点を試験前の学生に説明していたという事件がありました(この慶応大教授は不起訴処分となっています。)。

 その後,法務省はこの問題を受け,法科大学院で教授などを務める学者と,弁護士や裁判官などの実務家がほぼ半数ずつだった司法試験考査委員の割合について,翌平成20年の試験から学者枠を減らすなど再発防止に取り組んでいました。

 

 ある司法試験考査委員が,「その後は問題漏えい対策を強化していたはずなのになぜこんなことが起きたのか,信じられない」という趣旨の発言があったことを紹介している報道もありましたが,「『ありえない』なんて事(こと)はありえない」(英語ですと"Nothing is impossible.")(by 荒川弘さん原作の漫画『鋼の錬金術師』に登場するホムンクルス・グリードの言葉)と肝に銘じるべきです。また,尾田栄一郎さん原作の漫画『ONE PIECE』にも,「人が空想できる全ての物事は起こりうる現実である」との言葉が出てきます。

 今回の問題は,平成19年の漏えい事件とは比較にならないほど,「司法試験の公正性」を揺るがす問題に発展しそうです。「氷山の一角」にすぎないということにならないようにしていただきたいと思います。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.09.01更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 本日裁判所に行きますと,防災訓練が実施されておりました。裁判官と話をする際に放送が流れたりしますと,なかなか聞きづらくて困りました。しかし,本日は,ありとあらゆる自然災害を避けることができない日本という国土に住む我々にとっては,極めて重要な日です。そうです。本日は,「防災の日」です。

 

 「防災の日」は,昭和35年(1960)年6月11日,内閣の閣議了解によって制定されました。「政府,地方公共団体等関係諸機関をはじめ,広く国民が台風高潮,津波,地震等の災害についての認識を深め,これに対処する心構えを準備する」こととし,毎年9月1日を中心として「防災思想の普及,功労者の表彰,防災訓練等これにふさわしい行事」が実施されます。また,「防災の日」を含む1週間を防災週間として,様々な催しが行われます。

 

 9月1日の日付は,大正12年(1923年)9月1日に発生した関東大震災にちなんだものです。

 大正12年(1923年)年9月1日午前11時58分,震度7(マグニチュード7.9)の大地震が関東地方を襲い,死者・行方不明合わせて10万5千余名の尊い人命が失われました。

 関東大震災については,震災後の混乱に乗じて社会主義や自由主義の指導者を殺害しようとする動きがありました。また,朝鮮人による凶悪犯罪や暴動が行われているなどのデマが行政機関や新聞,民衆を通じて広まり,民衆,警察,軍によって朝鮮人,またそれと間違われた中国人,日本人(聾唖者など)が殺傷されるという被害が発生したりもしました(ヘイトスピーチもその背景にあったようです。)

 

 また,例年8月31日,9月1日付近は,台風の襲来が多いとされる「二百十日」にあたり,「災害への備えを怠らないように」との戒めも込められています。

 制定前年の昭和34年(1959年)9月26日,「伊勢湾台風」によって,戦後最大の被害(全半壊・流失家屋約15万戸,浸水家屋約36万戸,死者約5,000人,行方不明約400人,傷者約4万人)を被ったことが契機となっています。

 

 ところで,「防災」とは,どんな言葉の意味があるのでしょうか。

 『広辞苑[第六版]』(岩波書店)には,「災害を防止すること。」と記載されていますが,災害対策基本法では,「災害を未然に防止し,災害が発生した場合における被害の拡大を防ぎ,及び災害の復旧を図ることをいう。」(同法第2条第2号)と定義しています。

 ちなみに,『広辞苑』に「防災」という語が掲載されたのは,昭和44年(1969年)5月発刊の第二版第一刷からで,昭和30年(1950年)5月に発刊された初版本には載っていません。「防災意識」の高まりが『広辞苑』に掲載される語に影響を及ぼした証左といえるでしょう。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる