弁護士ブログ

2016.01.21更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 先週報じられた国民的大人気スーパーアイドルグループの解散報道は,何とか事なきを得て終息に向かおうとしているようです。今回の報道では,当該アイドルグループが,わが国はもちろん全世界の方々に多大な影響を及ぼしていることを痛感させられました。また,わが国の芸能界の闇が深いということをまざまざと知らされました。

 今回の騒動は,ある意味において,「産みの親と育ての親の対立」であったと評し得るかと思いますが,今回の騒動を受け,当職は,大岡越前こと大岡忠相(以下「大岡越前」といいます。)の「子争い」という名裁きがあったことを思い出しました。

 

【あらすじ】

 ある時,大岡越前のところに,ふたりの女がひとりの子を連れてやってきました。

 ふたりの女は,いずれも,「自分こそこの子の本当の母親です」と言って譲りません。

 そこで,大岡越前は,つぎのように言いました。

 「子の腕を持て。お前は右じゃ。そちは左を持つがいい。それから力いっぱい引き合って勝ったほうを実母とする」

 ふたりの女は,子どもの腕を思いきり引っぱり始めましたが,子どもが痛がって泣きわめくので,一方の女は思わず手を放しました。

 勝った女は喜んで子を連れて行こうとしましたが,大岡越前は,「待て。その子は手を放した女のものである」と言います。

 勝ったと思った女は当然ながら大岡越前に激しく抗議します。「なぜでございますか。勝った者の子だとおっしゃられたではありませぬか」

 その抗議に対し,大岡越前はつぎのように諭しました。

 「本当の母親なら子を思うものである。痛がって泣いているものをなおも引く者がなぜ母親であろうか」

(おしまい)

 

 もともと大岡裁きは史実ではなく,古典をもとにしたフィクションばかりであったといいます。今回の騒動に対する世論は,当職の見立てでは,おそらく前述の「子争い」に対する大岡裁きに近い(育ての親に同情している)と思われます。

 ちなみに,前述の「子争い」のお話は,中国の古典『棠陰比事』(とういんひじ)をモチーフにしているようです(『棠陰比事』は,中国の裁判記録集であり,宋の桂万栄の著です。)。

 

【あらすじ】

 ある兄弟が同じ家に住んでいたとさ。兄の嫁と弟の嫁は同時に懐妊し,兄嫁の子は腹の中で死んでしまいました。

 しかし,兄嫁はこのことを黙っており,まもなく生まれた弟の嫁の子を奪い取って自分のものにしようとしました。跡継ぎがいないと,その家の財産を自分のものにできないからです。

 ひとりの子どもをめぐって3年もの間言い争い,ついに裁判所に訴え出て裁きを受けることとなってしまいました。

 判事は女房たちに対し,子どもを奪い合わせて勝ち取ったほうが本物の母親といいます。

 そこで子争いが始まります。兄嫁は子どもの足が折れるほど激しく奪い取ろうとするのに対し,弟の嫁は子どもがかわいそうで力を込められない状況でした。

 それを見て判事は,子どもは弟の嫁のものとして,兄嫁を処罰したとさ。

(おしまい)

 

■筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

 

投稿者: 弁護士濵門俊也

2016.01.18更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 本日(平成28年1月18日)の東京は,大雪によって大変混乱しました。昨日1月17日は,絶対に忘れてはならない1995年(平成7年)に発生した阪神・淡路大震災から21年目に当たる日でした。

 

 2014年(平成26年)上半期に放送されたNHK連続テレビ小説『花子とアン』において,関東大震災の後,再会したヒロイン・花子の夫がその息子と抱き合うシーンがありました。演出では「花子や子どもと再会し,安堵の笑いを浮かべる」となっていたそうです。しかし,花子の夫役を演じた若手俳優・鈴木亮平さん(以下「鈴木さん」といいます。)は,「絶望の中で家族が生きていたことを知った時,人は笑えるのだろうか?僕は普段,演出家には意見を言わない。でも,その時だけは意見を出させてもらった。本番では,そのシーンで,ただただ子どもを抱きしめた」(神戸新聞2015年1月2日付けから引用)とその心情を述べておられます。

 阪神・淡路大震災が起きた1995年(平成7年),鈴木さんは小学6年生でした。こだわりをもって演じられたドラマの一場面は,当時の記憶を重ねた演技であったようです。

 鈴木さんは語っています。「あの時,子ども部屋の2段ベッドで兄貴と寝ていた。地震が起きてすぐに父親が部屋に飛び込んできた。『地震だ。外に出るぞ』。暗闇の中,部屋に立つ父親のシルエットが頭に焼き付いている。芝居では,子どもを守ろうとしたあの時の父の姿,気持ちをイメージした」(神戸新聞2015年1月2日付けから引用)

 「地震からしばらくして阪神電車が神戸まで復旧した日,父親に連れられて電車に乗った。車窓から見えた神戸のまちは悲惨だった。『この景色をしっかり覚えておけ』。父からはそう言われた。地震とはどういうものか,地震が起きればまちはどうなるのか。父と一緒に電車に乗りながら,痛み,苦しみを知った」(神戸新聞2015年1月2日付けから引用)

 

 人が窮地に立たされた時,鈴木さんのお父様のごとき厳たる人の存在は何ものにも替え難いものです。

 当職は,「最も苦しんだ人が,最も幸福になる権利があります。また,最も苦労した人が,最も偉大な勝利をつかめるのです。」と師に教えていただきました。その言葉を胸に今日も職務を遂行しています。 

 

■筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

投稿者: 弁護士濵門俊也

2016.01.05更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 いよいよ平成28年(2016年)が開幕し,今日から「仕事はじめ」という方もおられると思います。ここに「仕事はじめ」と書きましたが,これは「仕事始め」と「仕事初め」どちらの漢字が正しいのでしょうか?

 インターネット上で見てみても,両方の用例があがっているようですし,意外に正確には理解して使用されていない方も多いようにお見受けします。

 当職は,弁護士であるところ,裁判所法第74条は,「裁判所では,日本語を用いる。」と規定しておりますので,ついつい日本語にはうるさくなってしまいがちです(もっとも,日本語の乱れに厳しいのは当職の妻のほうでして,しばしば正確に使うよう指摘を受けております。)。

 また似たような用語として「御用始め」というものがあります。ついでに,「御用始め」の意味についても解説してみます。

 

●「仕事始め」と「仕事初め」では,「仕事始め」が正しい

 これは,日本語の意味を考えれば,容易に区別できるものと思います。「始め」と「初め」の意味の違いですが,「始め」は始める(英語でいえば,start)を意味し,「初め」は初めて(英語でいえば,first)を意味します。

 「仕事始め」は新年を迎え,初めて仕事を「始める日」であり,「初めて仕事をする日」ではありませんから,「始め」のほうが正しくなります。

 

●「仕事初め」を使う人がいるのはなぜなのか?

 日本語の意味を考えれば,間違いようがない気もするのですが,「仕事初め」を使用する人も結構おられます。それはなぜなのでしょうか?

 少し考えてみます。

 まず考えられるのは,パソコンやスマートフォンの変換機能です。

 たしかに,パソコンやスマートフォンなどで変換すると「仕事始め」と「仕事初め」は両方とも出てきます。変換候補に出てくることから正しい使い方なのではないかと思ってしまう人もおられる可能性があります。

 また「書き初め」という単語が影響していることも考えられます。

 「書き初め」はその年の初めに書く文字であるため,「仕事始め」と混同しておられる方もいてもおかしくはないのかもしれません(ただ,「ぞめ」は「初め」しかないのですが…)。

 

●御用始めとの違いは何か?

仕事始めによく似た用語として「御用始め」というものがあります。

「御用始め」も意味自体は仕事始めと大差はなく,現在は,官公庁における仕事始めの用語として使われています。

元々は民間企業においても「御用始め」が使われていたようですが,堅苦しい言い方を和らげるために「仕事初め」という単語が使われるようになったようです。

 

■筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる