弁護士ブログ

2016.06.27更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 「うちの旦那の不倫相手の女性は定職がありません。そんな相手方に対し,慰謝料請求をしても意味があるのでしょうか?」——よくあるご相談です。

 ご相談者は,子どもがおり,まだ幼いので旦那とは別れたくないが,こんなことになってこれほど傷つけられていても「私にはどうすることもできないのですか?」と尋ねられることもあります。

 慰謝料を請求した場合,相手方に資産や収入があれば支払ってもらえそうだですが,働いていないいわゆる「ニート」で,資産もない場合はどうなるのでしょうか。

 

●夫婦関係が破綻していなければ,慰謝料は低額になる

 まず,夫(妻)が浮気したら,妻(夫)は相手方に対し,慰謝料請求できるということは,みなさんもよくご存じかと思います。しかしそもそも,高額な慰謝料は夫(妻)との夫婦関係の破綻(別居や離婚)を前提としたものでありまして,そうでない場合には,かなり慰謝料額が低額となることはあまり知られていないと思います。

 すなわち,浮気したパートナーとの夫婦関係が破綻しない場合は,不倫相手に対する「慰謝料」も少なくなるのです。

 その理由を,交通事故になぞらえて,説明いたします。

 そもそも,浮気は,夫(妻)と相手方との共同不法行為(民法第719条)となります。たとえば,2台の車が追突して,その結果として歩行していた被害者が事故にまきこまれたケースを想定してみます。この時,2台の運転手がいずれもよそ見をしていたならば,2人は共同不法行為の加害者になります。この2人の運転手が「相手方と夫(妻)」であるとしますと,被害者である歩行者は「妻(夫)」になります。

 浮気の結果,夫(妻)とやり直すということになれば,浮気によって家庭が崩壊したわけではありません。この場合,不法行為の結果が重大でないために,慰謝料は離婚に至った場合よりもかなり低額となります。

 それは事故でまきこまれた歩行者の怪我が軽かったのと同じなのです。浮気を知ってしまったご相談者の心中を察しますと,なかなかご納得いただけない場合も多いのですが…。

 

●「ニート」である不倫相手に慰謝料を払ってもらうのは難しい

 たとえ,もらえる慰謝料が少なかったとしても,夫(妻)の不倫相手に妻(夫)は慰謝料を請求したくなることもあると思います。それでは,その相手方が「ニート」など無職だったら,どう支払ってもらえるのでしょうか。

 慰謝料を請求するとして,定職も財産もない相手方からは,任意で払ってもらうのが難しそうです。かりに債務名義があったとしても,差押えをする対象(給料債権や預貯金債権)がないので,支払を強制するのも困難です。

 すなわち,「無い袖は振れぬ」との言葉があるとおり,お金のない人に支払ってもらうのはなかなか大変なわけです。

 そうすると,現実的には「泣き寝入り」となることもあるでしょう。

 相談者の方々には,「心中お察しいたしますが,現実的には,離婚を回避し,パートナーとの関係修復を目指すという方法もありますよ。」と説明する場面もままあります。

 

■筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

■離婚・男女問題の情報はこちら

投稿者: 弁護士濵門俊也

2016.01.09更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士・濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 昨日平成28年1月8日付けで,Business Journalに「不倫騒動のベッキー,無理筋な『友人関係』強弁の意外なワケ…『不倫』ではない?」と題する記事を掲載していただきました。

 

 不倫騒動のベッキー,無理筋な「友人関係」強弁の意外なワケ…「不倫」ではない?

 

 以下,記事を引用しておきます。

 

【記事引用始め】

 タレントのベッキーが,人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音と不倫していたと1月7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じ,大騒ぎになっている。ベッキーは好感度の高いタレントなだけに,ファンのショックも大きいようだ。

 ベッキーは6日夜,都内で緊急の記者会見を開いた。目に涙を浮かべながら,謝罪の言葉を繰り返したが,「お付き合いということはない」と述べ,あくまで「友人関係」だったと強調,不倫を否定している。

 法律上,不倫とは「不貞行為」を指すといわれている。仮に二人の間で不貞行為があったとすれば,川谷の妻はベッキーに権利を侵害されたことになり,慰謝料を請求できることになる。不貞行為とされる典型的な行為は,もちろん性行為・肉体関係だ。だが,今のところは,それを直接裏付ける証拠はないようである。

 しかし今回は,恋人同士としか思えないような2人のLINEのやり取りや,ホテルでの密会写真,ベッキーが川谷の実家を訪れたなどの事実があり,一般的な感覚からは,どう考えても友人というレベルを越えた関係といえそうだ。

 男女関係の法律問題に詳しい濵門俊也弁護士は,「第三者が相手配偶者と肉体関係を結ぶことが,違法性を認めるための絶対的な要件とはいえない」と話す。

「性行為・肉体関係が証明できなくても,婚姻共同生活を侵害・破壊に導く可能性のある行為があれば,加害行為になり得ます。裁判例も,『継続的な肉体関係がなくとも,第三者の一方配偶者に対する行為が,他方配偶者の婚姻共同生活の平和を毀損するものであれば,違法性を有するものというべきである』としています」

 では,「婚姻共同生活の平和を毀損するもの」とは,具体的にどのような例が考えられるだろうか。

 「たとえば,性交渉類似の行為や同棲などが考えられます。これ以外にも婚姻関係を破綻に至らせる可能性のある異性との交流・接触も加害行為に該当し,不貞行為が成立することがあります」(同)

 

●裁判では不貞行為と認められない可能性が高い?

 

 では仮に,今回のベッキーと川谷の一件のように,LINEのやりとりや,ホテルでの密会写真が,実際の裁判で加害行為の証拠として提出された場合はどうなるのか。たとえば,「会いたい」「愛してる」などといった愛情表現を含む内容のやりとりで,不貞行為を認定することができるのだろうか。

 「たしかに,男女間の『会いたい』『愛してる』といったやりとりは,普通は恋人同士といった親密な間柄でしかあり得ないような愛情表現であることは否めません。しかし,婚姻関係を破綻に至らせる可能性のある交流・接触とまでいえるかは微妙で,実際の裁判例も結論が分かれています」(同)

 今回,ベッキーが書いたと思われるLINEには「素敵なイブとクリスマスをありがとう」「一緒に居られるだけで,ただただ幸せだった」などの記載があったが,これだけでは不倫と認定することは難しいようだ。

 しかし,今回はホテルの部屋で2人が一緒にいる写真も存在する。このような写真が存在する事実から,不貞行為を認定することはできるのだろうか。濵門弁護士は,一口にホテルといっても,一般的なシティホテルやビジネスホテルとラブホテルは,区別して考えなくてはならないという。

 「ラブホテルの場合は,その建物の性質上,男女の利用目的は自然と限定されます。特別な例外的事情がなければ,肉体関係があったと社会的に推認されるべき事情といえます。他方,一般的なホテルの場合は,そう単純にはいきません。ホテルのロビーや喫茶店等の施設を利用しているだけの場合もあるでしょう。今回の件では,ホテルの部屋で2人が一緒にいる写真があるようですが,かりに宿泊を伴っていたとしても,宿泊者が単に不貞行為の相手方とされる人物を招き入れたにすぎないのか,それとも一緒に朝まで泊まっていたのかどうかを確認するのは難しいです。そうした事実を証明するためには,調査会社等の力も必要となるかもしれません」(同)

 今回流出した写真はシティホテルの一室で撮られたもので,これでは証拠としては決定力を欠くことになる可能性がある。世間では簡単に不倫と断じてしまうが,実際に離婚裁判において不貞行為を認定するのは簡単ではない。

 生々しい2人の親密なやり取りが明らかになっていても,不貞行為の決定的な証拠がない以上,2人が自ら男女の関係にあったと認めることはないだろう。限りなく黒に近いグレーな状況ではあっても,ベッキーが川谷との関係を「友人関係」だと言い張るのは,こうした事情も影響しているのだろう。
(文=Legal Edition)

【以上,記事引用終わり】

 

■筆者について知りたい方はこちら(弁護士濵門俊也)

■初めて弁護士に相談される方へ

■離婚・男女問題の情報はこちら

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.31更新

(前編からのつづき)

 

 こうしてアーサー王は久しぶりに宮廷に帰還します。円卓の騎士たちも大喜びです。

 しかし,アーサー王は老婦人との約束を思い出し沈んでいます。

 約束はしたものの,美しく礼儀をわきまえた騎士をあんなに醜い老婦人と結婚させなくてはなりません。

 悩むアーサー王をみて心を痛めたアーサー王の甥であるガウェインが,アーサー王に近づきます。

 アーサー王は老婦人との約束を,ガウェインに説明しました。王に忠義なガウェインは,「私がその女性の婿となりましょう。」と言います。

 アーサー王は,美しく礼儀をわきまえたガウェインをあんなに醜い老婦人と結婚させたくありません。もちろん反対します。しかしガウェインも言い出したら聞きません。

 結局ガウェインが老婦人の良人となることになりました。

 

 仲間の騎士たちがからかう中,ガウェインと老婦人との結婚式が始まりました。花嫁は顔を背けたくなるような醜い老婦人。ガウェインは,アーサー王を裏切り者にしないための結婚,幸せというには程遠い結婚式でした。当然ながら祝いの宴も開かれませんでした。

 そして夜がきました。

 部屋には新郎新婦の二人きり。しかしガウェインは,外を見てため息ばかりついています。花嫁の顔さえ見ようとしませんでした。すると老婦人の花嫁が話しかけます。

 「わが良人よ。あなたは新婚初夜だというのに,私を見ようともせず,ため息ばかりついておられる。なぜですか?」

 するとガウェインも答えます。

 「私がため息をついている理由は3つある。1つ,あなたが老人であること。2つ,あなたが醜いこと。3つ,あなたの身分が低いことだ。」

 それを聞いて,老婦人は反論します。

 「1つ,たしかに私は年老いていますが,それだけ人よりも思慮が深く知恵に富んでいるということです。決して悪いことではありません。

  2つ,妻が醜いことは良人にとって幸運です。他の男が言い寄ることを心配しなくていいからです。

  3つ,人の価値は生まれや身分で決まるものではありません。魂の輝きによるものです。」

 

 騎士ガウェインは,返事をしないで花嫁の方へ視線を向け,愕きの目を見張りました。するとどうしたことでしょう。そこにいたのは,まばゆいばかりに輝く美しい乙女でした。

 「おまえは一体何者だ?」

 驚くガウェインに,花嫁が言いました。

 「じつは,私は邪な魔法使いに魔法をかけられて,老婦人の姿に変えられていたのです。2つの願いがかなわなければ,もとの姿に戻ることができません。若くて優れた騎士を良人にするという1つの願いが叶ったので,私は1日の半分をもとの姿ですごすことができるようになりました

 もとの姿でいられるのは,昼がいいですか?それとも夜がいいですか?わが良人よ,お選びください。」

 

 ガウェインはこう言いました。

 「その美しい姿は,二人だけの夜の時間に見せてほしい。できればその美貌を,他の男達に見られたくはないものだ。」

 それに対し,花嫁はこう答えます。

 「女というものは,昼間大勢の騎士や貴婦人たちの間に交じって,美しくていられる方が,それはそれは嬉しいんですよ。」

 それを聴いたガウェインは,しばらく考えた後こう言いました。

 「おまえの好きにするがよい。」

 すると花嫁が満面の笑みを浮かべて言いました。

 「たった今,2つ目の願いがかないました。私はもう,昼も夜も老婦人に戻ることはありません。」

 2つ目の願いが何だったのか。そう,「自分の意志を持つこと」だったわけです。

 それと同時に,その兄,つまり例の心の捻れた騎士の呪いも解けたのでした。じつは兄妹ともに,悪魔の呪いに巻き込まれていたのです。その騎士も,男らしい心の広い騎士に戻ったのでした。(おしまい。)

 

 いかがでしたでしょうか。物語から700年経った現在でも,女性はもちろん,男性も「自分の意志を持つこと」は難しいのかもしれません。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.31更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

 女性管理職の割合に数値目標の設定などを義務付ける「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)」が,8月28日午前,参議院本会議で自民,民主,公明各党などの賛成多数で可決され,成立しました。

 男女雇用機会均等法が制定されて,本年は30年を迎えます。女性が働く環境整備は,遅々として進んでいない現状もありますが,今後の推移をしっかり監視していきたいと思います。

 

 さて,すべての女性が最も望むものは何でしょうか。その答えは,『騎士ガウェインの結婚』(ブルフィンチ作・野上弥生子訳『中世騎士物語』(岩波文庫)に収録されています。文庫本で5頁程度の物語ですが,極めて示唆に富んでいます。)という物語の中にあります。

 今回は,前編・後編の2回にわたって,『騎士ガウェインの結婚』をご紹介しましょう。

 

 

 ある時アーサー王が法廷を開いていたとき,一人の乙女が彼の庇護を懇願しました。

 「邪な騎士に愛人を捕虜にされ,私の所有地を強奪されてしまいました。どうかお助けください。」

 アーサー王は,彼女の受けている不法を正すため,その残忍な騎士の城に到着し,勝負を挑みます。

 しかし,その城は魔法の土地に建っており,アーサー王が足を踏みこむや否や,忽ち勇気が挫けて,力が抜けてしまい,彼は施すすべもなく,騎士の捕虜になってしまいました。

 

 邪悪な騎士は,アーサー王に対し,つぎの条件を言い渡しました。

 ① 年の暮れにはまた必ずその城に戻ってくること,

 ② 『婦人が最も望むものは何か』という問に対する答えを持って来ること,

 ③ その約束を破れば,アーサー王の国土を渡すこと,

 以上の条件を受け入れたアーサー王は解放されました。

 

 アーサー王は東へ西へと馬を駆って,逢う人ごとにすべての婦人が最も望むものは何かと尋ね回りました。それぞれの女性には,「富」,「栄華と身分」,「快楽」,「追従」,「一人の雄々しく優美な騎士」などと回答してもらったのですが,どれ一つとして確かに信頼できる返事を見出すことはできませんでした。

 

 こうしてその年もやがて過ぎようとしていたある日,アーサー王が思いに沈みながら森の中を乗って行くと,とある樹の根元に思わず眼をそむけるほど見かけのみっともない老婦人がいました。その老婦人が礼にかなった挨拶をしても,アーサー王は応えませんでした。

 すると,その老婦人が「貴方はどういうお方です?私は,あなたが探しているものを与えることができます。」言いました。

 喜んだアーサー王は,老婦人に答えを聞こうとしました。しかし,老婦人が続けます。

 「ただし,条件があります。答えを教えるかわりに,美しく礼儀をわきまえた騎士を私の良人にしてほしいのです。」

 切羽詰まっているアーサー王は,老婦人と約束をしてしまいます。

 

 アーサー王は,邪悪な騎士の城に出向きます。邪悪な騎士が出てきます。「さあ,約束の日だ。答えを言ってみろ。」

 アーサー王は,今日まで尋ねて得た答えを片っ端から言っていきます。

 「富」,「栄華と身分」,「快楽」,「追従」,「一人の雄々しく優美な騎士」……。

 「違う,違う…」邪悪な騎士は上機嫌です。

 アーサー王の答えが尽きたころ,邪悪な騎士が言いました。「君は償いを払わん。君と君の国土は私が没収する。」

 その刹那,アーサー王は,老婦人に教わった答えを言いました。

 「あらゆる婦人の切望は,『すべての女が自分の意思を持つこと』である。」

 邪悪な騎士は悔しがりました。「君にそんなことをしゃべったのは私の妹だ。報讐(むくい)が彼女の上にあれ!いつか必ずこの返報はしてやる!」

 

(後編へつづく)

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.06.08更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

当職ら(妻を含む。)は,毎週日曜日午前10時からフジテレビ系列で放送中の「ワイドナショー」を楽しみにしています。とくに,ゲストコメンテイターが長嶋一茂さんと社会学者の古市憲寿さんでしたので,大変面白かったです。

上記番組中,現在世間をにぎわせている「枕営業事件」に言及されていましたので,本ブログでもご紹介しておきたいと思います。

 

1 事案の概要

東京・銀座クラブのいわゆる「ママ」が,優良顧客であった会社社長と約7年間にわたり,肉体関係にあったとして,社長の妻(原告)がママ(被告)に対し,慰謝料等を請求した事件です。

 

2 判決の内容(上記判例タイムズから一部引用)

原告(社長の妻)の請求は棄却されました。すなわち,裁判所は,被告(クラブのママ)と会社社長との肉体関係は,慰謝料を発生させるような不法行為ではないと判断したわけです。 

ちなみに,被告(クラブのママ)は,いわゆる「本人訴訟」(我が国の民事訴訟法は,弁護士強制主義を採っていないため,弁護士を付けないで当事者本人が訴訟追行をすることができるのです。)であったようです。

 

裁判所が,上記結論を導いた論理は以下のとおりです。


「第三者が一方配偶者と肉体関係を持つことが他方配偶者に対する不法行為を構成するのは,原告も主張するとおり,当該不貞行為が他方配偶者に対する婚姻共同生活の平和の維持という権利又は法的保護に値する利益に対する侵害行為に該当することによるものであり,ソープランドに勤務する女性のような売春婦が対価を得て妻のある顧客と性交渉を行った場合には,当該性交渉は当該顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず,何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないから,たとえそれが長年にわたり頻回に行われ,そのことを知った妻が不快感や嫌悪感を抱いたとしても,当該妻に対する関係で,不法行為を構成するものではないと解される(原告は,当該売春行為が不法行為に該当しないのは,正当業務行為として,違法性を阻却することによる旨を主張するが,違法性阻却を問題とするまでもないというべきである。)。」。

 

【コメント】 「ソープランドに勤務する女性のような売春婦が対価を得て妻のある顧客と性交渉を行った場合には,当該性交渉は当該顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず,何ら婚姻共同生活の平和を害するものではない」との認定は異論もあるでしょうし,当職も了承できません。


「ところで,クラブのママやホステスが,自分を目当てとして定期的にクラブに通ってくれる優良顧客や,クラブが義務付けている同伴出勤に付き合ってくれる顧客を確保するために,様々な営業活動を行っており,その中には 顧客の明示的又は黙示的な要求に応じるなどして,当該顧客と性交渉をする『枕営業』と呼ばれる営業活動を行う者も少なからずいることは公知の事実である。」。

 

【コメント】 「公知の事実」は,「証明することを要しない」(民訴法第179条)とされていますが,要件事実である限り主張責任を認めるべきとされています(最判昭和28年9月11日裁判集民第9巻901頁)。はたして,「枕営業」は,裁判所の言うように「公知の事実」なのでしょうか。

ちなみに,当職の妻などは,本件裁判官が「枕営業」の片棒をかついでおり,自己正当化のための判決を起案したのではないかなどと過激なことを申しておりました(当職もそのような発想には至りませんでした。やはり女性の受けは悪いようです。)。

 

「このような『枕営業』の場合には,ソープランドに勤務するような女性の場合のように,性交渉への直接的な対価が支払われるものではないことや,ソープランドに勤務する女性が顧客の選り好みをすることができないのに対して,クラブのママやホステスが『枕営業』をする顧客を自分の意思で選択することができることは原告主張のとおりである。」。


「しかしながら,前者については,『枕営業』の相手方がクラブに通って,クラブに代金を支払う中から間接的に『枕営業』の対価が支払われているものであって,ソープランドに勤務する女性との違いは,対価が直接的なものであるか,間接的なものであるかの違いに過ぎない。また,後者については,ソープランドとは異なる形態での売春においては,たとえば,出会い系サイトを用いた売春や,いわゆるデートクラブなどのように,売春婦が性交渉に応ずる顧客を選択することができる形態のものもあるから,この点も,『枕営業』を売春と別異に扱う理由とはなり得ない。」。

 

【コメント】 「枕営業」と売春とが同じであるということです。突っ込みどころ満載です。 


「そうすると,クラブのママやホステスが,顧客と性交渉を反復・継続したとしても,それが『枕営業』であると認められる場合には,売春婦の場合と同様に,顧客の性欲処理に商売として応じたに過ぎず,何ら婚姻共同生活の平和を害するものではないから,そのことを知った妻が精神的苦痛を受けたとしても,当該妻に対する関係で,不法行為を構成するものではないと解するのが相当である。」。

 

【コメント】 なかなかの衝撃をうける内容です。一般化はできないと当職は考えますが,少なからず,これからの実務に影響を及ぼしそうです。
ちなみに,本判決について控訴はされていないため,この判決が確定してしまったようです(当職としては,少なくとも東京高裁の判断を仰いでもらいたかったです。)。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.06.03更新

こんにちは。日本橋人形町の弁護士濵門俊也(はまかど・としや)です。

 

渋谷区では,性別等にとらわれず,多様な個人が尊重され,一人ひとりがその個性と能力を十分に発揮し,社会的責任を分かち合い,ともにあらゆる分野に参画できる社会の実現を目指した新たな条例が平成27年4月1日から施行されています。正式名称を「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」(通称は「渋谷区パートナーシップ条例」です。)。という条例ですが,この条例の施行を契機として,同性婚の議論が活発となっています。

そこで,今回は,日本国憲法における同性婚について論じてまいります。

 

 

1 日本国憲法第24条の確認と「両性」の意味

 

日本国憲法第24条には「婚姻は,両性の合意のみに基いて成立し,夫婦が同等の権利を有することを基本として,相互の協力により,維持されなければならない」と規定されています。

同性婚を議論するためには,まず,上記「両性」が何を意味するのかが問題となります。

 

この点に関し,「両性」は,男女だけでなく男男・女女も含むと解釈すれば,同性婚は合憲となります。この解釈では,むしろ,「同性婚を保護しないと違憲」という帰結となるでしょう。しかし,「両性」とは「①両方の性。雄性と雌性。男性と女性。②二つの異なった性質」(広辞苑)というのが日本語の通常の意味ですから,この解釈は文言上無理があるように思います(私見)。

 

 

2 日本国憲法第24条にいう「婚姻」とは何か

 

上記のように「両性」は「男女のみ」を意味すると解釈した場合,同性婚についてはどのように考えればよいのでしょうか。「婚姻」の意味が問題となります。

 

この点に関し,「婚姻」は「異性婚のみならず,同性婚も含む」と考えることはできるでしょうか。これは説として成り立ち得ません。なぜならば,「両性」を「男女のみ」と解釈する以上,同性婚が男女の合意で成り立つといったことは支離滅裂であるからです。

 

やはり日本国憲法第24条の「婚姻」の意味については「異性婚のみ」と考えるほかなさそうです。

よって,少なくとも日本国憲法第24条だけをみますと,同性婚は「婚姻」に含まれないこととなります。

そうしますと,日本国憲法第24条は同性婚について何も言及していないこととなります。

すなわち,「同性婚は,日本国憲法で禁止されていない」という帰結となります。当職はこの説を支持したいと思います(そこで,民法上の婚姻の意味を日本国憲法第24条とは異なるものとする立法は可能であると思います。)。

 

 

3 将来の展望

 

現実問題として,日本国で同性婚が公的に認められたケースはありません(しばしば,役所で受理されなかったというニュース報道が見受けられます。)。また,法文の文言には「夫」,「妻」,「夫婦」という文言が使用されていることから,民法学においては,「同性婚は想定されない」という解釈が一般的でしょう。

 

当職の印象ですが,近時の最高裁判所はかなりリベラルな判断を下しているように感じます。「同性婚を認めない制度運用は憲法違反である」という違憲訴訟が提起される日も遠くはないのかもしれません。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる