Q & A

2015.08.07更新

たとえば,脇見運転をしていたため先行車に追突してしまい,幸いにして人身損害はなく車両損害だけだった場合には,「物損事故」として処理されます。

道路交通法による交通事故の定義によりますと,人の死傷がなく器物の損壊のみの場合を「物損事故」としています。刑事処分及び行政処分において事故として記録されるのは,「人身事故」であり,人的被害を起こさない「物損事故」や「自損事故」は行政処分上においては事故扱いとはなりません。免許の取消し・停止処分の基礎となる点数計算においては,「人身事故」及び「建造物損壊事故」の場合にだけ付加点数が付きます。すなわち,「無事故無違反」の無事故とは「人身事故」がゼロという意味であり,通常の「物損事故」では点数は加算されません。

このように,点数の計算において無事故となるならば,事故を起こしていないということと同じになるわけです。無違反とは道路交通法違反がないということですから、道路交通法違反がない場合は無違反となります。

ただし,「物損事故」の場合,いくら被害が大きくても自賠責保険は適用されませんので,すべて任意保険から賠償されることになります。

「人身事故」の場合は、自動車損害賠償保障法が適用されますが,「物損事故」の場合は適用されません。

よって,「物損事故」の場合は任意保険の対物で補償されるか、対物保険で補償されない損害については,民法第709条の不法行為の規定が適用され,これによって生じた損害を賠償する責任を負うこととなります。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.06.08更新

A 交通事故により,車の修理代等の損害が生じた場合,その損害賠償を加害者に請求できるのは,基本的には,修理代等の損害が生じた「車両の所有者」ということとなります。

修理代等の損害が生じた時,当該車両を運転していた者は,当該車両の所有者でなければ,自己の物について損害が生じた者ということにはならないので,損害賠償を請求することはできないのです。

 

ただ,通常は車両購入の際,所有権留保特約が付いていることも多いでしょう。このような車両の買主は,実質的に自動車を自由に使用・収益することができますので,自動車の占有者として,当該自動車について交通事故により修理代等の損害が生じた場合は,加害者に対して損害賠償を請求できるとされています。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる