Q & A

2015.10.26更新


「○○左衛門」のような「古さ」を感じさせる名前を、自分の子どもにつけようとする親がいるという。そんな名前のことを「キラキラネーム」ならぬ「シワシワネーム」と呼ぶらしいが、このシワシワネームをめぐって、夫婦で揉めているという相談が、ネットの掲示板に寄せられていた。

 

投稿者である夫は、いわゆる入り婿。妻の一族はみな古風な名前をつける風習らしく、妻は「キラキラネームだのなんだの気にしすぎ」と、シワシワネーム命名を譲らないという。相談者は「婿に人権はないのか。子どもの名前くらい父親につけさせろ」と反発している。

 

はたして相談者は、自分の子どもに「シワシワネーム」が名づけられるのを止めることができるだろうか。濵門俊也弁護士に聞いた。

 

●シワシワネームは阻止できる
 

「実は、子に名をつける権利、つまり『命名権』が誰にあるのかということについては、民法はもちろんのこと、戸籍法にも規定がありません。しかし、戸籍法52条が出生届出義務者を父母と定めていることから、父母が命名して出生届出を行うことを当然の前提としていると考えられます。

 

人の名に関しては、戸籍法50条1項が、『子の名には、常用平易な文字を用いなければならない』と規定しています。また、その文字については、戸籍法施行規則60条が、常用漢字、人名用漢字、変体仮名を除く平仮名又は片仮名の使用に限定し、一定の制限を付けているのみです。

 

つまり、名づけの『漢字』以外は、直接の法的規制が存在しないのです。つまり、父母は命名権を、原則として自由に行使できます。ですから、子への命名は、キラキラだろうがシワシワだろうが、まさに親の常識的判断に委ねるしかありません」

 

では、相談者は、シワシワネーム命名を止めることができるだろうか。

 

「はい。相談者もお子さんの『父』ですから、シワシワネームは阻止できます。もし、もう役所へ出生届が出された後で、なおかつ、どうしても納得できない場合は、改名を申し立てることとなります。『正当な事由によって名を変更しようとする者は、家庭裁判所の許可を得て、その旨を届け出なければならない』(戸籍法107条の2)とされています。

 

相談者のケースでは、名づけられたシワシワネームが『いじめや差別を助長する、珍奇な名前』といえ『正当な事由』があると認められるかどうかの判断にかかってきます」

 

濵門弁護士はこのように話していた。

 

(弁護士ドットコムニュース)

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.08.17更新

夫が、携帯やPCで若い女性とのやりとりに夢中になっているーーネット上の掲示板に、女性からこんな悩みが寄せられた。夫はLINEなどで、見知らぬ女性と写真やメッセージを頻繁にやりとりしているのだという。

 

夫がLINEの送信先を誤り、「写真まだぁ?(鼻息の荒いスタンプ)」など、女性あてとみられるLINEメッセージが送られてきたこともあるという。夫の携帯電話やパソコンを見たら、高校生にみえる女子が制服をまくりあげたような「みだらな写真」もあった。

 

このような「チャット行為」をやめさせたいと思っているが、夫は「風俗に行くより安い」「浮気じゃなく単なる趣味の範囲」などと言い張っているそうだ。投稿者の女性は、半年ほど前に死産を経験しており、その際の手術が原因で、性行為ができない状態だという。

 

投稿者は、知らない女性とチャット行為をしている夫が気持ち悪く、離婚も視野にいれているという。ただ、夫は相手の女性と写真やメッセージのやりとりをしているだけで、身体の関係はない。こうした場合でも、離婚事由になるのだろうか。男女の法律問題にくわしい濵門俊也弁護士に聞いた。

 

●身体の関係がなくても「離婚原因」になる?
 

「民法には、離婚原因の一つとして『不貞行為』があげられています。そのポイントは、肉体関係、つまり『性的行為』があったかどうかという点です。そうしますと、出会い系サイトやビデオチャットで性的なデータをやりとりするだけなら、不貞行為にはなりません」

 

濵門弁護士はこのように切り出した。

 

「ただし、奥様が『そんなものにハマるような旦那とは一緒に暮らせないわ!』と感じたら、離婚原因になることもあり得ます。旦那さんはチャットが発覚すると開き直り、死産で心身ともに辛い奥様に対して『風俗に行くより安い』などと暴言を吐き、話し合いもできない状況のようです。

 

結果として、不貞行為そのものには該当しなくても、『婚姻関係を継続し難い重大な事由』(民法770条1項5号)にあたるとして、結局は、離婚が認められる可能性があります。

 

最近では、SNS等による出会いをきっかけとして、不倫や浮気に走る人も少なくないようです。今回のようなチャットが不倫や浮気の温床となるおそれも高いでしょう」

 

●道徳的な「不貞」と法律上の「不貞行為」は同じではない
 

肉体関係がなくても、チャット上で性的なデータのやりとりをしていれば、妻の心情的には「不貞行為」と思いたくなるかもしれない。

 

「道徳的に『不貞』とされる行為と、法的保護に値する『不貞行為』とは異なります。

 

あくまでも法律は、道徳的に不貞とされる行為のうち、夫が妻以外の女性とホテルで肉体関係をもったなど、『だれがどう見ても、慰謝料を認めてあげなければ、被害者が本当にかわいそうである』という行為に対して、損害賠償責任を認めています。

 

ただし、肉体関係がなくても、場合によっては離婚原因となり、慰謝料を支払うことになる可能性もあります。法律上の不貞行為にあたらなければ何をやってもいいなどと思っていると、とんだしっぺ返しをくらうことがあることを肝に銘じておくべきです」

(弁護士ドットコムニュース)

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.07.03更新

A3 重要なところでは,

 

① 申立書の写しの原則送付

② 審判における当事者からの謄写閲覧請求は原則許可

③ 陳述の聴取が必要的になったこと

④ 子どもなど審判の結果により影響を受ける者の手続保障がなされたこと

⑤ 電話会議テレビ会議システム利用の手続を認めたこと

 

です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.07.03更新

A3 具体的に見直されたポイントは主に次の点です。

 

・当事者等の手続保障を図るための制度を充実させること

・家事事件の手続を国民にとって,より利用しやすいものとすること

・手続の基本的事項を整備すること

 

当事者に手続の適正を保障し,また手続の透明性の確保をすることによって,当事者に主体的に紛争を解決しようという紛争解決に向けた意欲を高めてもらうことを目指しています。必要な情報をお互いに認識した上で,自らの判断によって,主体的自律的に紛争解決してもらうことを期待しているともいえます。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.07.03更新

A1 家事事件手続法とは,家事事件の手続を定める法律です。

ここに,家事事件とは,夫婦間の紛争や成年後見など家庭に関する事件のことをいい,家事審判に関する事件と家事調停に関する事件に分けられます。

審判とは,審判官(裁判官)が,両当事者の言い分や様々な資料に基づいて判断し,決定する手続です。

他方,調停とは,裁判官1人と調停委員2人以上で構成される調停委員会が,当事者双方から言い分を十分に聴きながら,話合いを行う手続です。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.07.01更新

A それは「認定死亡」といわれるものです。

水難,火災その他の事変によって,死亡したのは確実であるが,遺体が見つからないという場合があります。

このような場合に,その取調べにあたった役所(海上保安庁,警察署長など)が死亡の認定をして,戸籍上一応死亡として扱います。本籍地の市区町村では,死亡報告に基づいて戸籍に死亡の旨記載します。これを「認定死亡」というのです。

この場合,正確な死亡時刻は分からないため,戸籍には「推定午後○時」などと記載されます。

認定死亡の記載は,反証のない限り戸籍記載の死亡の日時に死亡したものと推定されます。

認定死亡は戸籍手続上の必要から官公署が死亡の事実を確認するものにすぎないため,後日,本人が生きていたことが分かったり,死亡日時が判明した場合には,戸籍の訂正が行われることとなります。

認定死亡によって,死亡したのと同じように扱われ,相続が開始し,また配偶者は再婚することができます。

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.06.18更新

滞納している税金が100万円以上、カードの借金も200万円近い——。そんな「借金だらけの夫」と離婚したいという女性が、弁護士ドットコムの法律相談コーナーに質問を寄せた。

 

夫は、自営業のため収入はまちまちで、月収は10万円あるかどうか。相談者の女性も働いているが「月10万円ない状態」で、2人の収入から子供の学費や食費、生命保険、携帯電話代等を支払うと、家計は火の車だ。そのため、カードでお金を借り、生活費にあてている状態だという。

 

相談者は「これ以上一緒にいても生活困窮するだけです」と話し、離婚を考えている。しかし、夫は離婚にも別居にも同意しない。相談者は「これから先の生活の見通しが全くたたない」と嘆いているが、夫の借金を理由に、離婚することができるのだろうか? 濵門俊也弁護士に聞いた。

 

●「夫の借金」を理由に離婚できる?
 

「まず結論から述べますと、単に『夫に借金があるから』という理由だけでは、離婚は認められません」

 

濵門弁護士はこのように切り出した。

 

「今回のケースでは、旦那さんが離婚にも別居にも同意しないということですので、夫婦2人で話し合って離婚することは難しそうです。そうすると、奥さまとしては、家庭裁判所に離婚の調停を申し立てる必要があります。我が国の制度は『調停前置主義』を採っているからです。

 

調停とは、第三者が当事者の間に入り、紛争解決に向けて話し合うことです。調停離婚においては、とくに離婚の理由を制限していませんから、本件のように借金を理由とする申立てもできます」

 

調停でも解決しない場合は、どうすればいいのだろうか。

 

「離婚調停は、あくまでも話合いでの解決を目的とした場でしかありませんから、話し合いがまとまらなければ、調停が不成立となるだけです。旦那さんが離婚することを拒否し続けた場合、最終的には、訴訟手続で決着を付ける必要があります。

 

裁判所に離婚を認めてもらうためには、民法770条1項各号が定める離婚原因、つまり、『不貞行為』『悪意の遺棄』『3年以上の生死不明』『回復の見込みのない強度の精神病』『その他婚姻を継続し難い重大事由』を理由とする訴訟提起でなければなりません」

 

夫が借金をしていることは、民法で定める離婚原因に含まれるのだろうか。

 

「夫の借金を理由とする場合は、通常『婚姻を継続し難い重大な事由』に該当するとして離婚訴訟に臨みますが、裁判例をみても、配偶者の借金のみを理由に離婚を認めた事案はありません。

 

裁判例の多くは、借金があっただけではなく、借金を原因として夫婦生活が破綻するに至ったことを重要な判断材料としているように思います。単なる『夫の借金』だけでは、夫婦関係が破綻しているとはいえず、請求が棄却されると考えられます」

投稿者: 弁護士濵門俊也

2015.06.08更新

A 民法第761条は,つぎのような規定をおいています。

「夫婦の一方が日常の家事に関して第三者と取引をしたときは,他の一方は,これによって生じた債務について,連帯してその責任を負う。ただし,第三者に対し責任を負わない旨を予告した場合は,この限りでない。」

 

借金が日常家事債務に属すると判断されるかどうかは,金額の多寡や実際に日常の家事に属する目的に充当されたかどうかによるところが大きいとされています。

よくご相談に来られるのですが,いわゆる消費者金融からの借入れ等は,一般的には日常家事債務には該当しないです。婚姻中はもちろん,離婚後も支払う義務があります。

投稿者: 弁護士濵門俊也

まずは初回無料相談をご利用ください。
inq_tel.png
弁護士濵門俊也 無料相談してみる